2015年ヴィンテージ――ワイン好きにとって喜ばしい年

March 8, 2016 - オーストリアのワイン生産者とワイン愛好家は、2015年を喜ばしく思うだろう――というのは、非常に限られたワイン生産地においてのみ、雹による酷い損害を被るにとどまったからだ。2015年は非常に有望だ。既に味われたワイン達は、深く完熟した果実香とバランスが印象的だ。まだセラーで熟成中のワイン達には、大きな品格とポテンシャルが期待されている。

年間の天候推移

Vineyard, © AWMB/ Herbert Lehmann

春の平穏な天候推移と開花期の良好なコンディションの後、並外れて高温で乾いた、熱波に次ぐ熱波が襲う夏が訪れた。ヴェジテーション過程が停止してしまう場所も見られ、とりわけ灌漑されていない若木はストレスに苦しんだ。幸運にも、大方のワイン生産地では8月の半ばにかけて、まさに丁度いいタイミングで雨が降った。

その後素晴らしい、晴天の多い安定した天候の秋が続いたが、夜間は比較的冷えた――これが2015年の、2011年や2006年のような年との基本的な違いだ。9月にも時折降雨があり、10月半ばにも繰り返されたが、この最後のいくらか湿った時期を除いて、秋の好天は結局11月まで続いた。従って一般的に、ブドウは理想的な時期を選んで、急ぐこともストレスもなく収穫することができた。というのは病虫害やカビの害はほとんど発生せず、貴腐でさえも頻繁にはつかなかったからだ。

完熟、果実味とエレガンス

一般的に2015年の白ワインは、高いエクストラクトと均整の取れたボディーで特徴づけられ、酸は計測値上低い範囲にある。この酸が低め事実は、しかしながら味わい上はほとんど感じられることはない。暑い年に広く期待される特徴――高く焼けるようなアルコールと比較的少ない果実味――は、多くの場合見つけられない。白ワインはむしろ逆に、深く完熟した果実香を顕著な凝縮感で示している。さらに、個々のブドウ品種に期待される個性は大方よく表現されている。赤ワインにとっては、2006年のエレガンスと2011年の豊満さを掛け合わせたような素晴らしいヴィンテージとなりそうだ。大半の生産地で、色が濃く飛び抜けて完熟したワインが造られ、それらはさらに、深みのある果実のニュアンスと溢れる優雅さ、その背後のヴェルヴェットのようなタンニンで個性づけられる。

ニーダーエスタライヒ (Niederösterreich)

ニーダーエスタライヒ(低地オーストリア)では、5月初めの珍しい夜間の雹が、2015年ヴィンテージという甘美な杯の中、唯一の苦い一滴となった。雹はクレムスタールとカンプタールの東部から、ヴァーグラムの広い地域を襲い、特にヴァーグラムにおいて酷い収穫量の減少をもたらした。そのため彼の地の生産者は、近隣産地からブドウを買うことでなんとか損失を補い、標準的質を確保した。発酵に際する大きな問題や、オフ・フレーバーの発生は、この年には例外的事例だ。補酸も実は許されたが、セラーマスターはこの選択肢を非常に限定的にしか用いなかった。

最も重要なブドウ品種であるグリューナー・ヴェルトリーナーは、概して非常にジューシーで肉付きのいい、どちらかと言うとマイルドな酸のストラクチャーを持ったワインとなった。驚くべきは、軽く線の細いエントリーレベルのワインも、力強いプレミアムワイン同様にアピーリングであることだ。リースリングにおいては、収穫を長く忍耐強く待ったことで、生産者は報われた。ワインは果汁とパワーの漲る構成で、果実味の要素と酸のバックボーンの驚くべきバランスを持つ。このように完熟したヴィンテージにはお決まりのことだが、ヴァイスブルグンダーとシャルドネは凝縮感とハーモニーが魅力だ。ファッショナブルなアロマティック品種であるゲルバー・ムスカテラーは、長く御目にかかれなかった素晴らしい出来で、希少品種のツィアファンドラー、ロート・ギプフラー、そしてローター・ヴェルトリーナーも同様だ。

ブルゲンラント (Burgenland)

ブルゲンラントの状況は、隣のニーダーエスタライヒ同様で、ここでも果実味に溢れ品種個性の良く出た、エクストラクトの高い、酸はどちらかと言えば控えめな白ワインが期待されている。ブルゴーニュ品種グループは特に良い結果を出し、また、軽いヴェルシュリースリングもお勧めだ。赤ワインは前述したボディーの豊かさに加えて傑出したバランスの良さがあり、それが優雅さと長熟の可能性をもたらしており、樽熟成にも最適だ。全てを考慮すると、この赤ワインの良作年は、少なくとも偉大な2011年に比較し得る様相を見せている。プレディカーツヴァインについては、生産が非常に少なかった前年の後、2015年は遅くなってせわしなく貴腐がついたにもかかわらず、満足の行く量の深い果実味のデザートワインを、ようやく再び生産することができた。

シュタイヤーマーク (Steiermark)

雹の嵐はこの年シュタイヤーマークに比較的早期に訪れたが、生産者は上手く折り合った。全てのシュタイヤーマークのワイン産地で共通する特徴は、収穫時のブドウの熟度が高く、非の打ちどころのない健全さだったことで、力強く調和した、酸は中庸な、偉大な2007年を思わせる年となった。シュタイヤーマーク特産のゲルバー・ムスカテラーとソーヴィニヨン・ブランの出来はこの年格別で、どちらかと言えば完熟した果実のアロマと凝縮感で特徴づけられ、グリーンやグラッシーな香味はほとんど存在しない。ヴァイスブルグンダーとモリヨンは同様に完熟の年の恩恵に浴したが、いわゆる“熱波の年のキャラクター”からは、十分な降雨のおかげで免れている。ヴェストシュタイヤーマークのシルヒャーも、2011年のような傑出した品質が期待されている。

ウィーン (Wien)

ウィーンも酷い害をもたらす可能性のあった雹に見舞われたが、雹のせいでルースな房は完熟し、最適な時期に収穫された。ウィーン特産ゲミシュター・サッツは、ボディーが豊かでそれに見合う酸を伴う、深い果実香味と内在する凝縮感が――実際軽いものでも力強いタイプ同様――アピールするワインが期待されている。こうした特性は、ウィーンのワイン畑のグリューナー・ヴェルトリーナーやヴァイスブルグンダーにも例外なくあてはまる。この年傑出して素晴らしいのは、ヌースベアクなどウィーンの著名な銘醸畑の、果実味の凝縮感が堂々たるリースリングだ。その最も力強い代表例は、長く連続的な熟成向上の可能性をも見せる。赤ワインについては、この年の適切なコンディションは、パワフルで複雑かつ長熟なワインの醸造を可能にした。

プレス情報

オーストリア・ワイン・マーケティング協会

[t] +43(1)5039267 [f]: +43(1)503926770
Prinz-Eugen-Straße 34 / 1040 WIEN / ÖSTERREICH
Austrian Wine on facebook, twitter und youtube
FN 78 209p / Handelsgericht Wien