ワインについて

文化を味わう

味わい深い文化、特別な楽しみ
小さいことは美しい――これほどオーストリアワインを、国際的観点から適切に表す句はない。ありふれたワインは皆無で、その代わりに稀少なスペシャリティーがある。 詳細はこちら

気候と土壌

気候と土壌はワイン生産地にとって重要な要素です
ワインの産地はその品質の最も基本的要素だ。’テロワール’という用語は近年盛んに議論されるようになったスローガンで、“テロワールとは何か?”という疑問に対する意見は様々に異なる。 詳細はこちら

ブドウ品種

白と赤
オーストリアではクオリティー・ワインの生産に36のブドウ品種が認められており、さらにクオリティーワインは‘ゲミシュター・サッツ’(選択された複数品種を同時に収穫)であったり、以下のブドウを用いたブレンドである可能性もある。 詳細はこちら

ワイン生産地域

ワイン生産地とその特徴
オーストリアの行政県、ニーダーエスタライヒ、ブルゲンラント、そしてシュタイヤーマークは、ワイン産地として規定されている。それらがさらに16のワイン産地に分かれ、ウィーンもそのひとつとなる。 詳細はこちら

ワイン法

オーストリアのワイン法はEUワイン法に対応したヒエラルキー構造内にある。EUワイン法の最上位には“EUワイン市場機構”の定義があり、それはヨーロッパ農業大臣法(2008年成立)の理事会とされる。このワイン市場のEU理事会法は“共同市場機構”と称するものに2009年に統合された。 詳細はこちら

オーストリアのゼクト

オーストリア・ゼクト委員会
オーストリアワイン法§ 2 の2節によれば"オーストリアワイン”はオーストリア産ブドウから造られたワインとして定義されている。それはオーストリアのゼクト  詳細はこちら

DAC

オーストリアの新たな原産地呼称ワイン(DAC)
国際的にはゲルマン系のワイン体系とラテン系のワイン体系には明確な違いがある。ヨーロッパワイン法は、ワインを3つのグループに大別する。 詳細はこちら

サステイナビリティー

自然との絆
オーガニック製品は現在の流行であり、この動向はワイン生産にも反映されています。数々の生産者が様々な有機栽培の方法を学び、有機栽培と転換する生産者の数は増加しています。 詳細はこちら

ワイン&フード

それだけでもおいしいワインを完璧に演出する食事
オーストリアのワイン造りにおける様々な風景は、その多様なワインに反映されている。とても印象的なのは、果実味と酸のバランス、そして独自のアロマと風味だ。 詳細はこちら