オーストリアのブドウ畑における持続可能性

オーストリアの様々な持続可能的ブドウ栽培方法の概観

Sustainability logo, © AWMB
Sustainability logo, © AWMB

農業においてサステイナビリティーは長く重要なテーマだった。農薬の使用――作物ケア剤、様々な形態の肥料、そして機械、エネルギーそして水の大量使用は、ブドウ耕作を非常に労働集約的な農業形態にしている。サステイナブルなブドウ栽培の目標は、可能な限り資源を保持し、生産の際のエミッションレベルを抑えることにある。ホリスティックな観点からは、サステイナブルなブドウ栽培の概念は、それに続く加工や流通、最終的には消費者までも包含する。

第二次世界大戦後から70年代の終わりにかけては、食糧品の備蓄需要が続いていた。この時代に機械化並びに新たな農薬の使用も大きく進んだ。こうした発展は生産の増加と供給の安定に寄与した。特に肥料の使用に際しては大きな蓄えの必要が生じた。この時代に技術や化学物質の濫用や、それらの使用に関連して引き起こされる結果への無頓着、といった過ちが発生した。ようやく徐々にではあるが、一般的なエコ・コンシャス意識が向上し、実践的で環境に優しい下記のような生産技法を通し、そうした動きに反するトレンドが生まている。


ブドウの統合農法
ブドウの有機―ビオロジック農法
ブドウのビオディナミ(生理学的にダイナミックな)農法

Das Bild zeigt die Aufteilung der weinbaulichen Produktionsmethoden.
© AWMB, Grüner Bericht

より直截的にサステイナブルにフォーカスした農法が徐々に普及している。これらの技法は更に発展するだろう。オーストリアの全ワイン用ブドウ農地の83%は有機農法か、統合農法で耕作されている。そのために特別にデザインされた、最近更新されたプログラムに申請していないのは、たったの17%にとどまる。

著者

カール・バウアー工学学士、クレムス