ミッテルブルゲンラント (Mittelburgenland)

活気ある赤ワイン。個性的なブラウフレンキッシュ。

ブラウフレンキッシュは、ミッテルブルゲンラントの2117ヘクタールのブドウ畑における主要な品種であり、ミッテルブルゲンラントDACの地域の典型的な特性を最上の形で表現します。ドイチュクロイツ、ホリチョン、ルッツマンズブルク、そしてネッケンマルクトという4つのワイン生産村、そしてとても現代的な二つの協同組合ワイナリーは、大規模生産と高品質の両立が可能であることを示してくれます。

栽培面積:

2.117 ha

主要ブドウ品種:

ブラウフレンキッシュ

代表的な町や村:

ネッケンマルクト、ホリチョン、ドイチュクロイツ、ルッツマンスブルク

A picture shows vineyards
© AWMB / Egon Mark

オーストリアにおける赤ワイン文化の中心は、ノイジードラーゼー(ノイジードル湖)の南、ハンガリー国境の近く、ジーググラーベンの小さな村の外れにあります。畑の中にある深い森の光景ゆえに、ノイジードラーゼー地域の気候条件はいかなる影響もないかのように見えるかも知れませんが、もちろん、そんなことはありません。1970年代の終わりから1980年代の初めにかけて、この地域は、この地ならではの典型と個性をまがりなりにも具えたワインを初めて生産し始めました。ブラウフレンキッシュは、その起源をいま一つ誰も理解してないにも関わらず、この赤ワインのブームの発端となった品種です。そして特筆すべきは、この品種は、オーストリア国内でも海外でも高い評価を得たことです。

地勢と気候条件はブドウ栽培に好適で、多くの畑は、西のブックリゲン・ヴェルト地域、北のショプロン丘陵、南のコセーク丘陵由来の要因から防御されています。したがって、乾燥して温かいパノニア平原からの風は、東からこの地域に吹き込みます。典型的な土壌は、大概重く密で深いローム層で、吸水性と保水性が高いため、降雨量の少ない乾いた年には貴重です。ブラウフレンキッシュの他には、ツヴァイゲルト、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロといった品種がフルボディでなめらかな構造を見せ、国際品種ブレンドとして成功を収めています。ちなみにブラウフレンキッシュは、近年では単一品種のワインとして仕込まれ、名声を博しています。

この地域のふたつの現代的な協同組合のワイナリーは、ブラウフレンキッシュのトレンドを既に認識しており、国内外の双方のマーケットで継続的に成功すべく、高品質な赤ワインの生産へと投資とエネルギーを絞り込んでいます。ミッテルブルゲンラントはまた、特に現代的な温泉やスパを訪れたいと思うような旅行者にとってポピュラーな目的地です。このような施設は、過去数年という期間で建設されました。ブルゲンラントは、いろいろな娯楽のある親しみやすい地域なのです。