ニーダーエスタライヒ (Niederösterreich)

ニーダーエスタライヒ(27.128 ha) - ドナウ川沿岸の最大のワイン生産地

ニーダーエステライヒ州(低地オーストリア)は、オーストリア最大の高品質ワイン生産地です。豊富な地場品種の生誕地であり、また、数多くの国際品種の揺りかごでもあります。ニーダーエステライヒ州には、西のヴァッハウから東のカルヌントゥムに至る、8つの限定的ワイン生産地域があり、気候の違いによって、3つの区域に分けることができます。つまり、北部のヴァインフィアテル、ウィーンの西側のドナウ河沿いとその近隣の渓谷、そしてニーダーエステライヒ州南東部分のパノニア平原です。

A picture shows some impressions of Niederösterreich
© AWMB / Comittee Weinviertel, Haiden Baumann

広大なヴァインフィアテル区域は、この地域を代表する品種であるコショウ的な風味のグリューナー・ヴェルトリーナーのワインを、ヴァインフィアテルの名称で販売すると決定したことで、2003年に大きな脚光を浴びました。以来、ラベルに記されたヴァインフィアテルDACの呼称は、コショウ的なスパイシーさをもつフレッシュなスタイル(さらに最近ではよりリッチなレゼルヴェタイプのスタイルも追加されました。)の味わいを保証するものとなりました。ヴァインフィアテルには、DAC以外にも、フレッシュで香り高い数々の白ワイン、果実味豊かな赤ワインやデザートワインまであり、すべて、ニーダーエステライヒという生産地名が記されています。

西のメルクから、カンプ、トライゼン、クレムスの支流を経て、東のクロスターノイブルクまでのドナウ河沿いには、絵画的に美しい村々が、ネックレスの真珠のように連なっています。グリューナー・ヴェルトリーナーとリースリングが大切に育てられているのは、まさにこの地です。このふたつの品種によって、クレムスタールDAC、カンプタールDAC、トライゼンタールDACは、地域の典型的な個性を表現しています。ヴァッハウの畑は結晶岩の急斜面にありますが、隣接するクレムスタールの東部では、畑はレスのテラスへと変容していきます。トライゼンタール、カンプタール、そしてローター・ヴェルトリーナーがグリューナー・ヴェルトリーナーと並ぶ代表品種となっているヴァーグラムにおいても、このような差異がワインの個性を形づくっています。カンプタールでは、ワインは特徴的な口触りを含みますが、特にそれは礫岩及び炭酸塩を含まない土壌のハイリゲンシュタインにおいて顕著です。ニーダーエステライヒのこの地区で生産されるワインの中で、ヴァイスブルグンダー(ピノ・ブラン)、シャルドネ、また、数少ないながらもエレガントな赤ワイン、といったスペシャリティも忘れてはなりません。

パノニアン・ニーダーエステライヒとは、ウィーンの南から東に位置する区域のことで、オーストリアの中でも最も興奮させられる高品質ワインのいくつかを産出しています。
ツヴァイゲルトとブラウフレンキッシュは、ともにカルヌントゥムで盛んに生産され、サンクト・ラウレントはテルメンレギオンの名産となっています。それだけではありません。この土地の白ワインの名品、ツィアファンドラーとロートギプフラーは、ワイン生産の中心的な村のひとつであるグンポルツキルヒェン周辺で多く栽培されていますし、ピノ・ノワールや数多くのブレンドワインの重要度も増しています。つまり、ニーダーエステライヒ州が提供するのは、偉大なワインで溢れる広大な土地がもたらす、多様性なのです。

リンク

地図

地質学