テルメンレギオン (Thermenregion)

歴史のワイン。未来のワイン。

テルメンレギオンのワイン生産地域は、1985年のワイン法の一部として、グンポルツキルヒェンとバート・フェスラウ地区が合併する形で誕生しました。2181ヘクタールの畑は、ウィーンの森の端から、ウィーン郊外周辺と南の丘陵地帯沿い、そして標高675メートルのアニンガー山を通って、バーデンの町の向こうへと延びています。グンポルツキルヒェン村周辺の北部では、地場品種であるツィアファンドラー(またはシュペートロート)とロートギプフラーから生まれる白ワインが盛んですし、より南部の畑では、サンクト・ラウレントとピノ・ノワールから生まれる赤ワインが重要です。

栽培面積:

2.181 ha

主要ブドウ品種:

ツィアファンドラー、ロートギプフラー、サンクト・ラウレント、ブラウブルグンダー

代表的な町や村:

グンポルズキルヒェン、トライスキルヒェン、プファッフフテッテン、バーデン、ソース、バード・フェスラウ

A picture shows wineyards in Traiskirchen
© AWMB / Armin Faber

ウィーンの南、気候的条件が優れたこの地域では、2000年を超える長い間、ブドウが栽培され続けてきました。カルヌントゥムとヴィンドボーナ(現在のウィーン)に駐留したローマ帝国軍団は、パノニア平原地域にブドウ栽培を広め、母国から運んできたブドウを植えました。テルメンレギオンは、その名を、今日のバーデンであるテルマエ・パノニカエの硫黄温泉から採っています。シトー派の僧侶は中世にブドウ栽培を再興し、ブドウ畑の場所を選び、村々の個性を作り直しました。このようにしてつくられた村は、外観上、ブルゴーニュにあるシトー派のシトー修道院を連想させるものがあります。

シトー派の僧侶はブドウ栽培に関する独特のエキスパートであり、この地域のユニークなテロワールを認識し、利用しました。ブドウは、暑い夏と乾燥し た秋、年間平均1800時間という日照時間のパノニア気候の好ましい影響を受けます。秋の間は、ブドウの樹のあいだを常に空気が通り、朝露や雨の後に迅速 にブドウの果粒を乾かします。 

細粒の堆積物由来のローム土壌は、しかしながら、より荒い破片の地域より一般的です。これらの大半は固まった、或は固まっていない砂利と砂で、多量の炭酸塩とムール貝、巻貝、他海の生物の化石の残骸を多く含みます。岩錐の岩屑は水はけを促し、熱を保持します。痩せた砂利土壌であるシュタインフェルト畑は、高品質 な赤ワイン生産のに求められる最高の条件を提供しています。

Video: Thermenregion, © AWMB


Video: Thermenregion, © AWMB

この地域には他では滅多に見られない希少な白品種、ツィアファンドラー(シュペートロート)とロートギプフラーがあります。このふたつは、別々に仕 込まれるか、シュペートロート・ロートギプフラーとして知られる伝説的なブレンドワインとして仕込まれます。その他の伝統的な栽培品種には、ブラウアー・ ポルトゥギーザー(フェースラウアー)やノイブルガーがあります。より現代的なワインには、ピノ系品種、サンクト・ラウレント、ツヴァイゲルト、さらには メルロやカベルネ・ソーヴィニヨンが使われます。

赤ワイン生産村は、バート・フェスラウ、ソース、タッテンドルフ、そしてテースドルフであり、伝統的な白ワイン生産地区は、ペルヒトルスドルフ、グンポルツキルヒェン、ファフシュテッテン、バーデン、グントラムスドルフ、そしてトライスキルヒェンといった村の周辺です。

自然と文化の融合は、いろいろな遊覧や活動の選択肢を提供してくれます。たとえばフライグーツ・ターレルン(ハイリゲンクロイツ修道院のシトー派僧 侶によって創建され、オーストリア最古のワイナリーのひとつ)訪問もそのひとつでしょう。また文化的な楽しみを求めて、温泉の町バーデンへの旅はどうで しょう。そこには劇場があり、オペレッタがあり、ブドウによるトリートメントも行っているヘルス・スパがあります。ブドウ畑の中を曲がりくねる、ロマン ティックなワイン街道をドライブし、途中で数多くある落ちついた雰囲気のホイリゲで休憩というのもいいでしょうし、ウィーンの水道橋に沿って丘の上までハ イキングするというのもいいでしょう。