トライゼンタール (Traisental)

骨格の支えと気品のある、香り高いグリューナー・ヴェルトリーナー

オーストリアのブドウ栽培地図に1995年に一番最近に付け加えられたトライゼンタールは、たった790ヘクタールしかなく、最小ワイン産地のひとつです。しかしワイン、特にグリューナー・ヴェルトリーナーは、大きなスケールがあります。古趣のある村には老舗のワイン居酒屋ブッシェンシャンクが店を構え、トライスマウアーやヘルツォーゲンブルクといった、より大きな町では、この地域の歴史をかいま見ることができます。トライゼンタールDAC呼称は2006年ヴィンテージから導入され、フルーティーでスパイシーなグリューナー・ヴェルトリーナーと、ミネラル感の個性が印象的なリースリングに対して与えられています。

栽培面積:

790 ha

主要ブドウ品種

グリューナー・ヴェルトリーナー、リースリング

代表的な町や村:

ヌスドルフ、ライヒャースドルフ、インツァースドルフ、トライスマウアー、ヘアツォイゲンブルク

A picture shows wineyards in Traisental
© AWMB / Himml

最も多く植えられている品種はグリューナー・ヴェルトリーナーで、全栽培面積の60%を占め、これは他のいかなるワイン産地よりも大きな割合です。リースリングもまた、トライゼンタールを代表する重要な品種です。ブドウの樹は、痩せて石灰分が多く、礫質の土壌をもつ、狭い段々畑に植えられており、それがフルボディでいて引き締まった構造という独特の個性を、ワインに付与します。ミネラルの構造が風味と快活な酸を支え、ワインは長期熟成タイプになります。この地では、パノニア平原の影響がアルプスの冷たい風と合流し、昼は温かく夜は涼しくなります。それは精密で繊細な香りと上品なスパイシーさという個性を生み出すための完璧なレシピなのです。

Traisental, © AWMB

トライゼンタールはまた、ワイン愛好家や、ハイキングやサイクリングのファン、そして文化への関心が高い人たちにとって、人気の高い訪問先です。ワ イン文化があったローマ時代から遙かに遡る青銅器時代という早い時期の遺跡から、ブドウの種子という証拠が発見され、古い時代のブドウ栽培の形が確認され たのが、まさにこの地なのです。さらに、近くにあるサンクト・ペルテンは、ニーダーエスタライヒ州の州都として、現代の文化的要素をもち、トライゼンター ルの南端にあるこの町からは、シュタッツェンドルフ、ウンターヴェルブリンク、オーバーヴェルブリンク、ヌスドルフ、ライヒャースドルフ、ゲッツァースド ルフ、インツァースドルフ、さらにはシュトルホーフェン、フラウエンドルフ、そしてゲマインレバルンといった牧歌的な「ホイリゲ」の村々へと導く、絵のよ うに美しい数えきれないほどの街道が出ています。

活動的な新世代のワイン生産者たちは、トライゼンタールDACの重要性を認識しており、この地域を代表するワインであると考えています。これらの生 産者は、トライゼンタールDACの比類なきスタイルを、オーストリアの国境を超えた新規の輸出市場でさえも有名にし、国際的なワイン評論家たちや違いの分 かるジャーナリストたちにも紹介するという点で、重要な役割を果しています。