ヴェストシュタイヤーマルク (Weststeiermark)

シルヒャーの故郷

ヴェストシュタイヤーマルクは、シルヒャーの、いや本来の名前で呼ぶなら、ブラウアー・ヴィルトバッハーの故郷です。この品種は546ヘクタールの畑の大半に植えられています。地元の家族経営のワイン生産者たちは、驚くほどたくさんのスタイルのワインを造っています。カリっとした酸味をもつ気品あるシルヒャー・ロゼから、締まりのあるタンニンをもつ濃い色の赤ワイン、そしてチャーミングなスパークリング・ワインまであるのです。この品種の由来については誰もはっきりとは分かっていませんが、この地域の名産として国際的な認知度はずいぶん高くなりました。

栽培面積:

546 ha

主要ブドウ品種:

ブラウアー・ヴィルトバッハー

代表的な町や村:

シュタインツ、サンクト・シュテファン・オップ・シュタインツ、ドイチュランズベルク

A picture shows a vineyard
© AWMB / Egon Mark

シュタイヤーマルクにおける最小のワイン生産地域であるにもかかわらず、ヴェストシュタイヤーマルクのブドウ栽培の歴史は大変に長く、ケルト人たち、そして後になってローマ人たちがブドウを栽培した証拠が残っています。畑はコアアルペやライニッシュコーゲル山の麓から、南のスロヴァニア国境まで広がり、長く細い列のように急斜面を登ります。一部のブドウは標高600メートルに植えられています。うねるような地形は、強風からブドウ畑を守ります。北のリギストからサンクト・シュテファン・オップ・シュタニッツを抜け、南のドイチュランズベルクとアイビスヴァルトへと抜ける直線的な道は、深い谷や急な山や数えきれないほどの絵画のようなケラーシュトッケルン(畑の中に点在する小さなセラー小屋)に彩られています。ガイズドルフ、グンデルスドルフ、ヴィルトバッハー、そしてヴィーズといった、可愛らしいワイン生産村を抜けてのドライブは、素晴らしい眺めと美味しいワインをお約束するでしょう。ヴェストシュタイヤーマルクの土壌は、近隣の地域と大きく異なっており、基本的には片麻岩、シスト、そして堆積した岩石の層から成り立っています。気候は牧歌的と言うべきで、温かく湿った地中海と南東ヨーロッパの影響を受け、比較的降水量が多いことを特徴としています。

このような起伏の多い土地の形状は、ブドウ畑を偏西風から守ります。北のリジストからSt. シュテファノ・オプ・シュタインツを経て、南のドイチュランズベアクとアイビスヴァルトへ直接通じる道は、深い渓谷、急斜面、そして無数の古風で絵のような“ケラーシュテッケルン”――ブドウ畑の合間に点在する小さなセラー小屋の数々――によって描かれる。グライスドーフ、グンダースドーフ、ヴィルトバッハ、そしてヴィースといった美しいワイン産地の村々は、素晴らしい景色と美味しいワインを提供しますd。ヴェストシュタイヤーマークの地質は隣接他産地とはかなり異なっており、岩石の大半は古い片麻岩と雲母片岩で成り立っています。気候はイリリア気候で、暖かく湿った地中海、そして南東ヨーロッパの影響を受け、比較的降水量は高めです。

シルヒャーは、ワインツーリズムの磁石であり、その間違えようのないキャラクターは、ヨーロッパの最も無垢で絵画的なワイン風景のひとつ、ヴェストシュタイヤーマルクを世界に伝える大使になっています。