ウィーン (Wien)

ウィーン - 古いホイリゲの伝統――新しいワイン文化

最近まで、ウィーン――オーストリアの首都――のワインは、シンプルな“ホイリガー(新酒)”として、あるいは居酒屋の酒として知られていた。今日ではウィーン産ワインはカルト・ステータスを享受し、グルメ・レストランにオン・リストされている。このパラダイム・シフトは、少数の斬新な考え方の生産者のおかげで起こり、彼らは伝統的ウィーンの混醸ワイン、あの“ヴィーナー・ゲミシュター・サッツ”を甦らせ、それは今では国際的に真のオーストリアワインとして知られるようになった。ウィーンのワイン関係者のショーピースとしてのヴィーナー・ゲミシュター・サッツの重要性と、産地呼称を熱望する声が強かったことが相まり、ウィーンの地方ワイン委員会をDAC(Districtus Austriae Controllatus)ステータス申請へと動かした。これにより、ヴィーナー・ゲミシュター・サッツはオーストリアの9つめのDAC呼称ワインとなった。最初のヴィーナー・ゲミシュター・サッツDACワインは2013年ヴィンテージから市場にリリースされる。

栽培面積:

637 ha

主要ブドウ品種:

ヴィーナー・ゲミシュター・サッツ(混植混醸ワイン)

代表的な町や村:

ビサムベルク、ヌスベルク、カーレンベルク、ゲオルゲンベルク

A picture shows a panorama view over Vienna
© AWMB

町の西側では、オッタクリング、ヘルナルス、北西に向かってペッツラインスドーフ、そして19区――取り分けハイリゲンシュタット、ヌースドーフ、グリンツィング、シヴァリング、そしてノイシュティフト・アム・ヴァルデ――では、多彩な炭酸塩の豊富な土壌が、リースリング、シャルドネ、そしてバイスブルグンダー(ピノ・ブラン)に理想的なコンディションを提供する。ウィーンの南部、マウアー、ロダウン、そしてオーバーラー付近の石灰の多い、茶色と黒土土壌では、フルボディの白ワインとリッチでたっぷりとした赤ワインの生産が盛んだ。事実上すべてのウィーンの生産者達が伝統的“ゲミシュター・サッツ”の畑を耕作している。ひとつの畑に多種のブドウ品種が植えられ、さらに収穫も、プレスも、そして発酵も同時に行われてワインになる。トップ区画のヌースベアクが再発見され、ウィーン全域の数多くの若くアイデアに富む生産者――中には他の職業からの転身者も――を惹きつけている。

伝統的なウィーンのホイリゲ(ワイン居酒屋)の楽しみは失せることがなく、地元民、観光客を問わずポピュラーな存在です。大規模で高級な食べ物を揃 える大きなビュフェがある年中無休の店と、畑の中に隠れ、一年間に何週間かしか料理とワインを提供しないような小さなブッシェンシャンク・バージョンと、 何の違いもありません。どちらも常に満席です。最もうるさい客でさえ、豊富な品ぞろえのトップクラスのワインがグラスでサービスされることに満足するはず なのです。

Video: Vienna, © AWMB


Video: Vienna, © AWMB

最近まで、ウィーン――オーストリアの首都――のワインは、シンプルな“ホイリガー(新酒)”として、あるいは居酒屋の酒として知られていた。今日ではウィーン産ワインはカルト・ステータスを享受し、グルメ・レストランにオン・リストされている。このパラダイム・シフトは、少数の斬新な考え方の生産者のおかげで起こり、彼らは伝統的ウィーンの混醸ワイン、あの“ヴィーナー・ゲミシュター・サッツ”を甦らせ、それは今では国際的に真のオーストリアワインとして知られるようになった。ウィーンのワイン関係者のショーピースとしてのヴィーナー・ゲミシュター・サッツの重要性と、産地呼称を熱望する声が強かったことが相まり、ウィーンの地方ワイン委員会をDAC(Districtus Austriae Controllatus)ステータス申請へと動かした。これにより、ヴィーナー・ゲミシュター・サッツはオーストリアの9つめのDAC呼称ワインとなった。最初のヴィーナー・ゲミシュター・サッツDACワインは2013年ヴィンテージから市場にリリースされる。