協会の歴史

1920年:«Hauptverband der Weinbaubetriebe Österreichs»が、オーストリアワインのプロモーションキャンペーン組織«Verein zum Schutz des österreichschen Weinbaues»(詳細は不明) の後継組織として設立。

1936年:«Hauptverband der Weinbaubetriebe Österreichs»は、テイスティングイベントなどを通じて、オーストリアワインのプロモーションと販売を行うことを決定。ÖWOKが無料で情報を提供する部門として設立。戦略:「ワインにとって最高の広告は品質である」

1952年:「オーストリアワイン宣伝協会(Association for Austrian Wine Advertising)」が設立。ワインのテイスティングや見本市への参加、ポスター広告やプラカードなどを使って、限られたリソースでも驚くような成功をおさめました。

1968年:「オーストリアワイン宣伝協会(Association for Austrian Wine Advertising)」が解散。資産はワイン生産者の代表者たちによって設立されたÖWIに譲渡されました。ÖWIは現在も物流、発送、ワインアクセサリーの販売、広告資料などに関与しています。

1968年~1985年:オーストリア・ワイン業界基金(Austrian Wine Industry Fund)がオーストリアワインのために宣伝活動を実施。

1985年:「ワインスキャンダル」が話題に。問題の起源となる活動に既に疑いの目が向けられていました。

1986年:年末、「ワインスキャンダル」の影響を軽減するためにÖsterreichische Weinmarketing Service GmbH が設立。設立パートナー:オーストリア共和国(51%)、Niederösterreich、Burgenland、Steiermark、ウィーン(各10%)、オーストリア農業会議所および商工会議所(9%)

1998年:オーストリア連邦政府がパートナーシップから撤退し、現在の法人構造が構築。

2009年:オーストリア・ワイン・マーケティング協会の公的存在とロゴが決定され、正確名称がÖsterreich Wein Marketing GmbHに。

2017年:AWMBが新しい広告戦略を導入。これには、新しい法人イメージに合わせた新しい広告キャンペーン、印刷物、その他の宣伝資料が含まれます。

Managing Directors

  • since 2007       Mag. Wilhelm Klinger
  • 2002-2006      Mag. Michael Thurner MBA
  • 1994-2001       Dr. Bertold Salomon
  • 1991-1993        Dr. Walter Kutscher
  • 1990                    Engelbert Prassl
  • 1986-1989       Mag. Wolfgang Lusak

Logos then and now