オーストリアワイン業界の位置づけ

オーストリア産ワインは1,000年以上の歴史を持ち、アルコール消費に関して現在話し合われている議論の主なテーマとなっています。ワインは、自然な農業製品で毎年特徴がかわり、風景の保存と継承において重要な役割を担います。

ワインは、とくにヨーロッパにおいて料理とともに楽しむ飲料となっており、社会の重要な地位を占めています。しかしながら、社会政策的な重要性も持っており、過剰な消費やアルコール乱用の原因ともなっています。

オーストリアのワイン業界は、あらゆるアルコール乱用を非難しており、それが社会、とくに若者や子どもたちに直接的・間接的に与える悪影響について懸念を抱いています。大人は若い世代の良い手本として責任を持った行動をとる必要があります。オーストリアのワイン業界は、ワインの節度ある消費は、健康にポジティブな影響を与え、経済のメリットとなることが判明していると強調しています。

Links

Wine in Moderation

How healthy is wine?