オーストリアワイン業界の見解説明

社会におけるワイン

オーストリア産のワインは千年にわたる歴史的資産で、アルコール飲用に関する進行中の中心的議論と向き合っている。ワインは自然の、年毎の変化のある農産物で、景観の保護や伝統継承において重要な役割を担っている。

ワインは特にヨーロッパにおいては、食文化と密接に関連し、社会の不可欠な一部として機能し、しかしながら、その社会政治的重要性はアルコール飲料として存在する。ワインは過度の消費やアルコール濫用につながることがある。

オーストリアワイン業界は、あらゆる形式のアルコール濫用と直接間接に社会に与える可能性のある否定的影響、とりわけ若者や子供に対するものについて、これを非難する。成人は責任ある飲酒をし、若い世代の見本となるよう行動する必要がある。さらに、オーストリアワイン業界は適度なワインの消費は、個人的健康に肯定的に作用し得ること、そしてそのことは社会に有益だということが証明されていることを強調する。