2. 土地

オーストリアは比類ない素晴らしい生活の質を誇るゆったりとした国だ。オーストリアが世界中で最も魅力的な旅行先のひとつになったのは、このことと決して無縁ではない。

多くの観光客がオーストリアをヨーロッパで最もホスピタリティー溢れる国と認めている。そのことは特に絵に描いたように美しいワイン産地――46,515haにわたって広がる――についてあてはまる:ドナウ両岸にヴァッハウとニーダーエスタライヒの正統派産地群;シュタイヤーマークとその息を飲む丘の連なり;ブルゲンラントにはノイジードル湖周辺の自然の楽園;そしてウィーン――世界で唯一のワイン産地を擁する首都。

A picture shows vineyards in Austria
© AWMB / Komitee Weinviertel

そして各産地のワインは、産地毎のキャラクターが独自であるのと同じくらいユニークだ。気候だけでなく土壌もそうした個性の重要な要素だ:ニーダーエスタライヒの結晶岩の段状斜面畑、或いは厚いレスの地層、北ブルゲンラントと南シュタイヤーマクの石灰の多い土壌、或いはカンプタールやヴルカンラント・シュタイヤーマークの火山性の土壌。こうして小さなワイン生産国オーストリアは、非常に多彩なワインを産することができる。そしてそれらのワインには、様々な違いはあるものの、完熟とフレッシュさの両極端のもらたすテンションという共通点が存在する。