保護原産地呼称付ワイン

A picture shows the logo of PGI

(独: g.g.A.、英:PGI=Protected Geografical Indication、 仏: IGP = Indication Géographique Protégée、伊: IGP = Indicazione Geografica Protetta

A picture shows the regions of Landwein Production
© AWMB

保護原産地呼称付ワイン

「ランドワイン」は伝統的に使用される用語で、原産地表記付きワインについて、自治体法の「地理表示付ワイン」の代わりとなります。

ワインは、次の場合、「ランドワイン」として市場で販売されます。

  • 単一ぶどう栽培地域で収穫されたぶどうだけを使って生産
  • クヴァリテーツワインの生産に許可された品種だけを使って生産
  • 果汁濃度が14 °KMW以上で、残留アルコール度数が8.5%以上
  • 呼称に典型的な特徴がみられる
  • 酒石酸とされる総酸価は4g/l以上
  • 1ヘクタール当たりの産出量を超過しない(7,500 l/ha または ぶどう10,000 kg grapes/ha) 
  • ワインには外見や香り、フレーバー上の欠点がない

「ランドワイン」の生産に使用されるぶどう原産地は、Weinland、Steirerlandまたは Bergland*。生産にしようされるぶどうは100%これらのぶどう栽培エリアで栽培されたもの。

ワイン生産地よりも詳細な地理表記やランドワイン以外の商品名(特に「保護原産地呼称付ワイン」)の使用は許可されない。

 

* 17世紀まで、オーストリア西部に大規模なワイン生産地域が存在しました。しかしながら、気候変動や経済危機、醸造所の大きな成功により、ワイン生産はオーストリアのより涼しい地域に移行し、19世紀には完全にすたれてしまいました。現在、小規模なワイン生産がおこなわれており、Berglandのワイン生産地域では小規模なルネッサンスがみられています。現在のぶどう畑は Kärnten(170 ha)、Oberösterreich (45 ha)、Vorarlberg(10 ha)、 Tirol (5 ha) およびSalzburg (7 ha)に見られます。