シュタイヤーマーク

シュタイヤーマーク、或は英語読みでスティリアは、ワインをその象徴とする独特の食文化を持っている。典型的オーストリアらしいフレッシュさは、丘の連なる田舎の景色の中で、その頂点を極める。スムースで精巧、香り高く健全で爽快なワインは、世界でもここだけのものだ。

ハートベアクとドイチュランツベアク間の地域に関連する品種がヴェルシュリースリングで、爽快なリンゴの芳香にわずかなスパイスがある。この“シュタイリッシェ=シュタイヤーマーク風の”香りは、辛口のゲルバームスカテラーでは特徴的なブドウっぽい持ち味へと変化し。また、トラミーナーは、特にそれがクレッホ周辺の火山土壌の産である場合は、シュタイヤーマークの“秘密情報”となり得る。
ヴァイスブルグンダーとシャルドネ――ここでは“モリヨン”として知られる――そしてよりウェイトのあるピノ・グリが、シュタイヤーマークの品種スペクトラムを構成する。しかしシュタイヤーマークの生産者達は近年ソーヴィニヨン・ブランに大きな力を入れている。この品種は、とりわけズュートシュタイヤーマークの丘陵に囲まれた白亜石灰質に富む畑でできる場合は、特別な性質とスタイルを育む。さらに、印象的なシュタイヤーマークのワイン一族には、“シルヒャー”があり、それはブラウアー・ヴィルトバッハー種から造られる。このシュタイヤーマーク西部産のシャキッとしたロゼは、その独自の個性への深い愛情と献身が、その優秀さを強調する、並外れたテロワールワインだ。

A picture shows the landscape of Steiermark
© AWMB / Anna Stöcher