Steiermark

The picture shows the view from Schloss Kapfenstein
© AWMB / Schramm

Vulkanland Steiermark

Vulkanland Steiermarkの上部では、Hartberg近くのJogllandの南東斜面にあるぶどう畑は、Austroalpine帯の結晶化固結岩石の上にあります。これらには、主に片麻岩や雲母片、より含有が少ない角閃岩や花崗岩が含まれています。さらに南東に進むと、Stryian盆地の非常に多様な非固結岩石や砂、豊富な砂利が主となっています。

Vulkanland Steiermarkの下部地域の風景と地質は、今では存在しない火山によって形成されたものです。これらの特徴は、人々の注意を引きつけ、オーストリアのワイン生産地域ではユニークな存在です。しかしながら、これらはVulkanlandの親岩石の10%以下を占めるのみです。新旧の火山期の名残には、赤粗面安山岩、硬い黒玄武岩、小胞玄武スコリアが含まれています。火山噴火により、凝灰岩が固まった灰と細かい粒子のマール堆積物が形成されました。ぶどう畑の大半は、凝灰岩とパラテシス海とStyrian渓谷の湖と河川の交互に積もった堆積物と第四期の段丘砂利の上にあります。その大半がローム層で覆われています。

The picture shows the landscape of Südsteiermark
© AWMB / Anna Stöcher

Südsteiermark

険しいぶどう栽培斜面を持つSausalは、Austroalpine帯の緑色片岩と珪岩の層で構成されています。北の斜面とSilberberg、NestelberおよびRirpeneggは、容易に浸食された岩石を目にすることができます。古生代の石灰石と粘土珪質石灰岩もGrillkogelで見られます。

Südsteiermarkのぶどう畑の大部分は粗い砂利河床にあり、その一部は、Styrian Schlierと呼ばれる混合岩、マール、粘土質のシルトとKreuzberg Formationの混合岩と砂利、Weissenegg Formationの砂とマールの上にあります。これらの後者のユニットはStyrian BasinのParatethys Seaに堆積した堆積物の1つで、約1800万〜1500万年前のものです。これらは粒度やカルシウム含有量が大きく異なります。 Leithaの石灰岩と同様の純粋な石灰岩は、WildonとGraßnitzbergの間で局所的に発生します。

The picture shows the landscape of Weststeiermark
© AWMB / Schramm

Weststeiermark

ぶどう畑は、主にAustroalpine帯の酸性で結晶質の固結岩石の上にあります。東側は一部、Styrian盆地の粗い非固結岩石の上にあります。Schwanbergerの破片とんどがスティリア流域の非岩石に位置しています。シュヴァンベルガー玉石の破片は、1立方メートルを超える大きさの結晶性の玉石と共に、Koralpe山脈に至る峡谷に見られ、St. Stefanのぶどう畑の下に続いています。結晶岩の端と盆地では、その他にも緑がかった砂の堆積物が見られ、これは細かい粒子の砂・粘土質のFlorian床の盆地の内部に広がっています。これらは、パラテシス海の浅瀬に、1,600万年前に堆積したものです。

結晶質固結岩はPlattengneissと呼ばれる固く、板状の片麻岩で構成されており、一部ペグマタイト片麻岩と岩脈およびガーネット雲母片岩、そしてそれよりも程度は少なくなるものの角閃石と大理石で構成されています。