Composition of the rocks

鉱物は岩石の構築物です。ほとんどの岩は、長石、石英、雲母、花崗岩など数種類の鉱物でできています。石英を伴う石灰石や石英を含む珪石など、1つの鉱物で形成された岩石はほとんどありません。

鉱物には内部構造と特定の化学成分があり、1つまたは複数の要素または構成物で作られています。

 

A picture shows a vineyard in Wachau
© AWMB /Armin Faber

主要な岩石形成鉱物

  • ケイ酸塩(主な構成物はシリコン、アルミニウム、酸素)長石(斜長石およびアルカリ長石)、角閃石および輝石、クオーツ、雲母、粘土鉱物

  • 炭酸塩:カルサイト(炭酸カルシウム)およびドロマイト(炭酸カルシウムマグネシウム)

リン酸塩、酸化物、硫化物および硫酸を形成するその他の群。

3つの主要岩石群に見られる共通の鉱物

  • 火成岩:石英、長石、雲母、輝石、角閃石、カンラン石

  • 火成岩:石英、長石、雲母、輝石、角閃石、カンラン石

  • 変成岩:石英、雲母、ガーネット、十字石、藍晶石

岩石の化学および鉱物成分は、栄養素の自然な供給を決定付けます。そのため、根や品種の選択に影響を与えます。粘土鉱物の量と種類は、水分吸収やイオン交換能力において異なる特性を持つため、土壌構造と作用、土壌の水分行動、カリウムやマグネシウムといった栄養素の維持および解放、浸食感度に大きな影響を与えます。