The three major rock groups

地質学では、主に3つの岩石郡があります。それらは固化岩または貫入岩(深成岩)もしくは噴出岩(火山岩)として生じる火成岩、堆積物もしくは堆積岩そして変質岩または変成岩です。

A picture shows Volcanic tuffs in Kapfenstein
Volcanic tuffs in Kapfenstein (Vulkanland Steiermark), © M. Heinrich

深成岩および貫入岩

深成岩および変成岩はまた、結晶岩群に入ります。結晶岩は通常、ワインコミュニティでは「Urgestein(=主要な岩)」として分類されます。Urgesteinは岩の年齢を表す用語です。この用語は地質学的観点からは正確ではなく、化学、鉱物成分やぶどう栽培に関連があるテクスチャーといった特性面で、岩の多様性を正当化するものではありません。貫入岩は、溶解物が固形化してできた岩です。貫入岩の固形化は、地球内部で生じますが、噴出岩は地球表面(大地または海中)で生じます。それぞれ化学および鉱物成分やテクスチャーは非常に異なります。貫入岩はどちらかというと砂利のように粗く、噴出岩はどちらかというと細かく、ガラス質であることは珍しく、その例として玄武岩を挙げることができます。

Conglomerate of the Zöbing Formation
Conglomerate from the Zöbinger-Formation with characteristic red feldspars and clasts at Heiligenstein (Kamptal), © M. Heinrich

堆積岩

堆積岩はその他の岩石(砕屑岩)の浸食物として、または水もしくは有機体(化学および生物的堆積物)による沈殿物として地表に生じたものです。砕屑岩は玉石や石、粗い粉砕物や砂利、砂、シルト、泥といった粒子の大きさによって分類されます。圧密化プロセスは続成作用と呼ばれ、角礫、礫岩、砂岩、泥岩に分類されます。石灰岩は有機体の骨格から作られます。圧密化の間、石灰岩はマグネシウムが加わることでドロマイトに変わることがあります。

A picture shows Crystalline gneiss with amphibolite blocks from Achleiten (Wachau)
Crystalline gneiss with amphibolite blocks from Achleiten (Wachau), © M. Heinrich

変成岩

変成岩は、固形状態が温度および圧力変化にさらされた場合に形成されます。このプロセスは通常、何らかの変形を伴います。例えば、岩石の水分に関連して生じる葉状構造化や質感の変化です。質感の変化は、鉱物の変化や形成によって生じることがあります。砂利は正片麻岩に変化し、石灰岩は大理石に、石英質砂岩は緑色片岩に、角閃岩は超高圧になると榴輝岩に変わります。変成作用の高い粘土状および砂状堆積物は、スレートや千枚岩、雲母片岩そして準片麻岩に代わり、温度が700℃以上になるといわゆるミグマタイトとなります。

岩石は、繰り返されるサイクルの一部です。地形起伏は造山運動や火山活動、盆地沈下などにより生じることがあります。すると、岩石の鉱物が起伏から流れ出ます。これは、堆積物としてあちこちに堆積します。その後の造山運動や地盤沈下の中で、堆積物は変成し、一部溶解します。上昇プロセスの結果、起伏が再び形成され、サイクル自体が繰り返されます。

ぶどう栽培に重要な岩石特性

種類と成分、年齢、形成、構造および床により、地質学者は地質学的な発展だけでなく、人類や経済、文化発展および持続可能な公共サービスにとっての岩石の意味について結論付けることができます。岩石の特性の定義には固結岩および非固結岩の区別が使用されますが、それ以外にも次がぶどう栽培にとって最も重要なものとなります。 

 

  • 構造と質感および

  • 鉱物および化学成分

岩石構造の説明において、固結岩の粒子の粗さや細かさ、質感、層の粗さや細かさ、多孔性、結合性、破砕性、水分に関する特徴が記されます。非固結岩では、粒子のサイズや配分、形、丸さの度合いや圧迫に注意を払うことが重要です。最も重要な要素は、孔隙と最小粒子(泥鉱物と呼ばれる広い内面が< 0.002 mm) です。

粒子の個別サイズ

玉石

> 20 cm

0,063 - 2 mm

石(小石)

> 63 mm

シルト

0,002 - 0,063 mm

砂利(角形:あら砂)

2 – 63 mm

粘土

< 0,002 mm

自然の中では、通常様々な粒子の大きさの粉砕物が混ざり合います。例えば粘土質シルトや砂利が挙げられます。構造は岩石の水分や土壌の加熱や植物の根の張り方、空気、温度、水分バランスに影響を与えます。そして粘土鉱物成分を通じて、栄養素の移動に影響が生じます。