ブラウブルガー (Blauburger)

Blauburger は、Blauer PortugieserとBlaufränkischの交配から生まれた優れた品種で、クロスターノイブルクでFritz Zweigelt教授が誕生させました。アイディアは、Blauburgerを本来白ワイン用のぶどうを栽培していた、赤ワイン用の品種の栽培が困難な地域に植えようというものでした。

起源

Österreich, LFZ Klosterneuburg

系統

Neuzüchtung aus Blauer Portugieser x Blaufränkisch

ヴィンヤードエリア

742 ha, 1,6 %

A picture shows grapes of the grape variety Blauburger
© AWMB / Oberleitner

原産地オーストリア、LFZクロスターノイブルク

起源:ブラウアー・ポルトゥギーザーとブラウフレンキッシュの交配による新種。1923年にクロスターノイブルクのブドウ栽培&園芸教育&研究センターのフリッツ・ツヴァイゲルト博士によって交配された。

栽培面積:742ha、1.6%
主にニーダーエスタライヒ、特にヴァインフィアテルで栽培される。

ブドウ分類学上の重要点

:五つの切れ込み、重なり合った葉柄

ブドウの房:中位、中位の密度、円筒形、肩の張った、しばしば副果;派手に霜降り状の青黒色の実。

成熟期:早期から中期

重要性、生育要件:品種の目立った特徴は、ワインの深く暗い色合いで、そのためブラウブルガーは色の明るい赤ワインブドウのブレンド相手となる。単一品種ワインとしては控えめなイメージしかない一方で、特に良い立地で収量制限をすると、高品質の側面も出る。ブラウブルガーは立地や土壌を選ばない。

ワイン:この品種は非常に色が濃くエクストラクトに富むワインを生む。一般的にワインはニュートラルで優しいベリーや、特にエルダーベリーのアロマを持ち、味わいは柔らかく調和に富む。