ブラウアー・ポルチュギーザー (Blauer Portugieser)

Blauer Portugieserはその名の通りポルトガル原産で、Português Azulと同じです。品種は、1770年にフライズ男爵によってテルメンレギオンのフェスラウにもたらされました。

起源

Portugal

系統

Kreuzung aus der Blauen Zimmettraube x Sylvaner

ヴィンヤードエリア

1.263 ha, 2,7%

A picture shows grapes of the grape variety Blauer Portugieser
© AWMB / Oberleitner

原産地:ポルトガル
この品種はポルトからフェースラウにフォン・フリース男爵によって1770年にもたらされた。

起源:ブラウアー・ポルチュギーザーは、ブラウアー・ツィメート・トラウベとシルヴァーナーの交配だ。
ブラウアー・ポルチュギーザーは、ポルトガルのポルチュゲス・アスールと同一品種。

栽培面積:1,263ha、2.7%
主にニーダーエスタライヒで栽培されるが、その重要性は著しく低下している。栽培面積は1999年から2009年の間に31.2%減少した。

ブドウ分類学上の重要点

葉:円形、5から7の切れ込み

ブドウの房:中位の、密な、円錐形、肩の張った、時として小さな副果;楕円で青黒色の実。

成熟期:早期から中期

重要性、生育要件:ブラウアー・ポルチュギーザーはテルメンレギオンとヴァインフィアテル北西で重要性を持つ。
霜、灰色カビ、ウドン粉病とベト病にやられやすいことが、生産を難しくしている。

ワイン:収量が多いと単純でニュートラルかつ色の明るい、すぐに熟し老いるのも早いワインとなる。良い年に収量を抑えれば、ブラウアー・ポルトゥギーザーは、力強くエクストラに富む赤ワインを造る。