ブラウアー・ヴィルトバッハー (Blauer Wildbacher)

Blauer Wildbacherは、Blaufränkischの親戚で、 Gouais Blancの種から作られました。故郷Weststeiermarkで栽培される量は非常に限られているものの、Wildbacher はシルヒャー・ロゼ・ワインとしてよく知られています。

起源

Österreich, Wildbach, Steiermark

系統

Natürlicher Sämling von der Sorte Heunisch

ヴィンヤードエリア

458 ha, 1,0 %

A picture shows grapes of the grape variety  Blauer Wildbacher
© AWMB / Oberleitner

原産地オーストリア、LFZクロスターノイブルク

起源:ブラウアー・ポルトゥギーザーとブラウフレンキッシュの交配による新種。1923年にクロスターノイブルクのブドウ栽培&園芸教育&研究センターのフリッツ・ツヴァイゲルト博士によって交配された。

栽培面積:458ha、1.0%
クヴォリテーツヴァインの品種として2000年から認可されており、PIWI品種のひとつだ。

ブドウ分類学上の重要点

葉:大、5から7の切れ込み、表面はびっしりと水疱状

ブドウの房:大きな房、疎密な、円錐形、肩の張った、1~2の副果、小さな丸い青黒色の実。

成熟期:中~早期

重要性、生育要件:その良い色づきのため、この品種はブレンドのパートナーとしても使用される。
ウドン粉病とベト病に限定して良好な耐性があり、冬の霜に対しては非常に強い。

ワイン:野生のベリー類のアロマが顕著な赤ワインを造る。色の濃い実は非常に色が暗く、エクストラクト、ボディー、そしてタンニンに富むワインをもたらす。

リンク

地場品種