ブラウフレンキッシュ (Blaufränkisch)

Blaufränkischは、中央ヨーロッパ原産種です。この伝統的なオーストリア品種は、Blauer Zimmettraube と Weißer Heunischの交配種です。Blaufränkischはおそらくハプスブルク帝国で最も幅広く栽培されていた品種で、Blaufränkischlandと呼ばれるオーバープレンドルフ郡で最も重要な品種です。

起源

Österreich

系統

Kreuzung aus der Blauen Zimmettraube x Weißer Heunisch

ヴィンヤードエリア

3.009 ha, 6,5%

© AWMB / Oberleitner

原産地:オーストリア

オーストリアにおいてこの品種は18世紀に文献に現れている。その後ドイツでレンバーガーあるいはリンバーガー(リンベアクの町――今日のニーダーエスタライヒのマイサウに因む)と呼ばれた。

起源:この伝統的オーストリア品種は、ブラウアー・ツィメートトラウベとヴァイサー・ホイニッシュの交配だ。1922年にクロスターノイブルクのブドウ栽培&園芸教育&研究センターのフリッツ・ツヴァイゲルト博士によって交配された。
ブラウフレンキッシュはオーストリアの新交配品種であるツヴァイゲルト、ブラウブウルガー、レースラー、そしてラタイなどの交配のパートナーとして用いられてきた。海外の交配拠点においても、この品種は交配に用いられている。,

栽培面積:3,009ha、6.5%
固有地場品種ブラウフレンキッシュは、とりわけ北及び中部ブルゲンラントと、ニーダーエスタライヒ(カルヌントゥム)東部のワイン産地でよく見られる。

ブドウ分類学上の重要点

:大、五つの切れ込み、固い歯

ブドウの房:大、枝分かれした、中位の密度、円錐形、青黒色の丸い実。

成熟期:遅い

重要性、生育要件:ミッテルブルゲンラント――ブラウフレンキッシュラントと呼ばれる――における最重要品種。この産地からは産地に典型的なワインが生まれる。ブラウフレンキッシュは幾つかのワイン産地でDACステータスを得ている。ニーダーエスタライヒでは、カルヌゥントゥムが卓越したブランフレンキシュ・ワインの産地としてよく知られている。
この品種は立地についての要求が非常に多く、また開花期の天候が冷涼だと、花振いを起こしやすい。

ワイン:この晩熟の品種に典型的なブケは深い森のベリー或いはチェリーであり、また個性的な酸がある。ブラウフレンキッシュは、ストラクチャの密な、しっかりとしたタンニンの、偉大なワインを生むことができる。若いうちはしばしば不細工だが、十分熟成させるとヴェルヴェットのようにこなれる。力強いワインで、十分な長熟潜在性を見せる。

リンク

地場品種