シラー(Syrah)

シラー、またはシラーズは、2001年にオーストリア品質ワインのリストに加わりました。これは、ローヌ渓谷原産で、DurezaとMondeuse blancheの自然交配品種です。

起源

Frankreich, Rhônetal

系統

Natürliche Kreuzung aus Dureza x Mondeuse blanche

ヴィンヤードエリア

152 ha, 0,3%

A picture shows grapes of the grape variety  Syrah
© AWMB / Oberleitner

原産地:フランス、ローヌ・ヴァレー

起源:デゥルーサとモンデュース・ブランシュの自然交配。

栽培面積:152ha、0.3%
オーストリアではクヴォリテーツヴァインの品種として最初に2001年に認可された。
この品種は今日世界中に栽培され、全ての大陸の温暖な赤ワイン生産地で重要な意義を持つ。

ブドウ分類学上の重要点

葉:中位、5つの切れ込み、浅い切れ込み

ブドウの房:中位、コンパクトな、円筒形、副果あり、小さな果皮の薄い青黒色の実、強い香りでジューシー。

成熟期:遅い

重要性、生育要件:シラーは単一品種の赤ワインとして、そしてキュヴェのブレンド品種として好まれる。

霜に弱く、非常に暖まりやすい立地にのみ向く。やや高い収量のため、収量制限が必要。

ワイン:良好な立地において、低収量で完全な生理学的熟成を得れば、深い赤色でタンニンの豊かな、スミレとモクセイ草の香りを放つワインとなる。ワインの発達熟成には長い時間がかかり、長い熟成期間を経れば高い品質をもたらす。