ひっそりとしたぶどうらしさにデリケートなミュスカのアロマが漂う、この非常に早熟なぶどう品種は、主にフレッシュフルーツジュース(大半)とフルフェルメンテーションの若いワイン(Sturm)の生産に使用されます。

原産地

オーストリア、 バート・ラドカースブルク (シュタイヤーマルク)

ブドウ栽培面積

209.37 ha, 0.5 ha

起源

ローター・ブービエの種から、1900年前後にバート・ランケアスブルクで生み出された。

栽培面積

この品種は主にブルゲンラントに栽培されている。1999年から2020年の間に栽培面積を1/3減少させている。

A picture shows grapes of the grape variety Bovier
© Austrian Wine / Oberleithner

ブドウ分類学上の重要点

中;円形で5つの切れ込み、切れ込みは深い。

ブドウの房

小から中の房、中から粗密な実、円筒形、しばしば副果;緑がかった黄色の実、厚く円形の実。

成熟

成熟

とても早い
早い
早いから中ごろ
中ごろ
中ごろから遅い
遅い
とても遅い

重要性 & 生育要件

ブービエは、まず生食用、ジュース、そしてシュトゥルム(発酵途中のブドウ果汁)、或いは若いワインとして市場に出る。その主要産地であるブルゲンラントでは、この品種はプレディカーツヴァインにもされ、ほとんどがマイルドで繊細なマスカットの風味を持つ。不利な面は、不確かで低い収量だ。

オーストリアのワイン産地
(総面積比)

リストのワイン生産地をクリックすると、より具体的な産地情報が表示されます。

オーストリアの総面積 209.37 ha

A picture shows a hand holding a glass of white wine.
© Austrian Wine / Blickwerk Fotografie

ワインの特徴

ワインはマイルドでエクストラクトに富み、立地によってその強弱は変わるが、マスカットのブケを放つ。

出典 品種の詳細: クロスターノイブルクのHöhere Bundeslehranstalt und Bundesamt für Wein- und Obstbau(連邦大学および連邦ブドウ栽培・醸造・果樹栽培局)、「オーストリアのクヴァリテーツヴァイン用ブドウ品種とそのクローン」(「Österreichische Qualitätsweinrebsorten und deren Klone」第2版、改訂版)、2015年9月

出典 ブドウの栽培面積: IACSによるオーストリア連邦農業・地域・観光省(2022年5月31日現在)

NEWSLETTER

Be the first one to know the latest news in the world of Austrian Wine!

Erfahren Sie Neuigkeiten vor allen anderen und sicher Sie sich die aktuellsten Themen aus der Welt des österreichischen Weins. • Hintergrundinformationen • Eventeinladungen • Gesetzesänderungen Noch nicht überzeugt? Sehen Sie sich hier unseren aktuellen Newsletter an.