directly to the content

ひっそりとしたぶどうらしさにデリケートなミュスカのアロマが漂う、この非常に早熟なぶどう品種は、主にフレッシュフルーツジュース(大半)とフルフェルメンテーションの若いワイン(Sturm)の生産に使用されます。

オーストリア、 バート・ラドカースブルク (シュタイヤーマルク)

ゲルバー・ムスカテラー x ヴァイスブルグンダー

202.87 ha, 0.5%

白ワイン品種の


起源

ローター・ブービエの種から、1900年前後にバート・ランケアスブルクで生み出された。

栽培面積

この品種は主にブルゲンラントに栽培されている。1999年から2020年の間に栽培面積を1/3減少させている。

A picture shows grapes of the grape variety Bovier

ブドウ分類学上の重要点

© Austrian Wine / Oberleithner

ブドウ分類学上の重要点

中;円形で5つの切れ込み、切れ込みは深い。

ブドウの房

小から中の房、中から粗密な実、円筒形、しばしば副果;緑がかった黄色の実、厚く円形の実。

成熟

成熟

とても早い
早い
早いから中ごろ
中ごろ
中ごろから遅い
遅い
とても遅い

重要性 & 生育要件

ブービエは、まず生食用、ジュース、そしてシュトゥルム(発酵途中のブドウ果汁)、或いは若いワインとして市場に出る。その主要産地であるブルゲンラントでは、この品種はプレディカーツヴァインにもされ、ほとんどがマイルドで繊細なマスカットの風味を持つ。不利な面は、不確かで低い収量だ。

オーストリアのワイン産地
(総面積比)

リストのワイン生産地をクリックすると、より具体的な産地情報が表示されます。

オーストリアの総面積

オーストリアワイン法では、ライタベルクとノイジードラーゼーのワイン産地は、およそ160ha(リーズ・ハウスベルクとノイベルク)重なっており、これはブルゲンラントにおけるブドウ栽培面積が、ブルゲンラント全ワイン産地の実際の総面積より160ha少ないことを意味します。

A picture shows a hand holding a glass of white wine.

ワインの特徴

© Austrian Wine / Blickwerk Fotografie

ワインの特徴

ワインはマイルドでエクストラクトに富み、立地によってその強弱は変わるが、マスカットのブケを放つ。

出典 品種の詳細: クロスターノイブルクのHöhere Bundeslehranstalt und Bundesamt für Wein- und Obstbau(連邦大学および連邦ブドウ栽培・醸造・果樹栽培局)、「オーストリアのクヴァリテーツヴァイン用ブドウ品種とそのクローン」(「Österreichische Qualitätsweinrebsorten und deren Klone」第2版、改訂版)、2015年9月

出典 ブドウの栽培面積: IACSによるオーストリア連邦農業・地域・観光省(2022年5月31日現在)

Share: