フリュアーローター・ヴェルトリーナー (Frühroter Veltliner)

この非常に古い品種は、Roter Veltliner と Sylvanerを交配させ、非常にオーストリアらしい品種として見なされています。近年ではその重要性が失われ、若いテーブルワインや単なるハウスワインとして特に、テルメンレギオンやヴァインフィアテル、ヴァーグラムで売られています。

起源

Österreich, Niederösterreich

系統

Natürliche Kreuzung von Rotem Veltliner x Sylvaner

ヴィンヤードエリア

367 ha, 0,8%

© AWMB / Oberleitner

原産地:オーストリア、ニーダーエスタライヒ

起源:ローター・ヴェルトリーナーとシルヴァーナーの自然交配

栽培面積:367ha、0.8%

この古い地場固有品種は、テルメンレギオン、ヴァインフィアテル、そしてヴァーグラムで広く栽培されている。1999年から2009年の間に栽培面積は32.2%減少している。

ブドウ分類学上の重要点

:楔形から五角形、3から5の切れ込み、茎から主葉脈まで赤、葉柄はほんの少し開いている。

ブドウの房:大きく密な実、円筒形、肩の張った房、楕円形でバラ色のニュートラルな味の実。

成熟期:早い

重要性、生育要件:フリューローター・ヴェルトリーナーの重要性は減少している。主に生食用、或いは特にテルメンレギオン、ヴァインフィアテル、ヴァーグラムでは新酒やハウスワインとして売られる。土壌や立地を選ばない。

ワイン:多かれ少なかれ強いマスカットの香りと風味を放つ。成熟度が十分でないと、ワインはエクストラクトに乏しくそのため薄っぺらで酸が浮く。ムスカテラーは特にアペリティフとして、そして前菜のお伴に最適だ。

リンク

地場品種