ムスカット=オットネル (Muskat Ottonel)

Muskat-Ottonelは、古代のマスカット品種に最近加わりました。これは、フランスで栽培され、シャスラ種と特定されていないマスカット品種の一つと交配されたものだと考えられています。

起源

Frankreich, Angers

系統

Neuzüchtung aus Gutedel (Chasselas) x Muscat de Saumur

ヴィンヤードエリア

357 ha, 0,8%

A picture shows grapes of the grape variety  Muskat Ottonel
© AWMB / Oberleitner

原産地:おそらく南東ヨーロッパ産。中世にこの品種は南チロルにもたらされた。トラミーナーは、長い間ワイン取引の町として栄える南チロルの集落(北イタリア、南チロル)から名付けられている。

この品種は野生ブドウからのセレクション。トラミーナーはヨーロッパでも最も古い品種のひとつで、ローマ人にもヴィティス・アミネラとして知られていた。
実の色は広範に異なる:ローター・トラミーナーは赤い実、ゲヴュルツトラミーナーは明るい赤からピンクの実、ゲルバー・トラミーナーは黄色い実だ。これらはまた、それぞれにテロワールを反映した異なるスパイスの味わいをもたらす。品種名としは、全てのトラミーナーのタイプがゲヴュルツトラミーナーを名乗ることができる。
トラミーナーはしばしば他の品種との自然交配のパートナーであり、その一例にはグリューナー・ヴェルトリーナー(トラミーナー × St.ゲオルゲン)が含まれる。

栽培面積:357ha、0.8%

世界中で栽培されるが、オーストリアにおいては、この品種は、小さな区画でスペシャリティーとして生産される。そうした区画は国中のワイン産地に散らばり、シュドオストシュタイヤーマークのヴルカンラントが特にトラミーナーで有名だ。オーストリアにおける栽培面積はいくらか減少している。

ブドウ分類学上の重要点

:小;円形、5つの切れ込み、多少波打った、広範に重なり合った葉柄。

ブドウの房:小さい房、中位の密度、円錐形、肩の張った、しばしば小さな副果;実は円から楕円形、果皮は厚く色は黄色から赤;しっかりとした果肉で酸は低く、糖が多く、強いスパイシーな味わい。

成熟期:中期から晩期

重要性、生育要件:しっかり熟したアロマティックなワインのための特別な品種。
土壌と立地に非常に注文が多い。開花期に特にデリケートなため、おおむね低収穫量をもたらすが、実の糖度は高い。

ワイン:ワインは酸が低いがエクストラクトとアロマに富む(バラ、レモン、森の実、レーズン、ドライフルーツ)、長持ちし、高い熟成能力を持つ。プレディカーツヴァインにはしばしば残糖の甘さと、質の良い調和した苦みがある。

リンク

アロマティック品種