ヴェストシュタイヤーマルクDAC

ヴェストシュタイヤーマルクには、たった546haの葡萄畑しかないが、ワイン生産者たちはかなり多様なワインを生産していて、様々な品種から微調整の効いた白ワインや、鮮やかな酸味をもつぴりっとしたシルヒャーがあげられる。シルヒャーは地元で特徴ある葡萄品種のブラウアー・ヴィルトバッハーから生産され、この産地の特産として国際的に知名度を長い間確立してきた。

The picture shows the DAC region Weststeiermark on a map
© AWMB

ワイン

この産地のスターワインが、ユニークなテロワールワインのシルヒャーであることは明白だ。ブラウアー・ヴィルトバッハー種から生産されるこのロゼワインは、赤いベリーの香り(ストロベリーからラズベリー)が印象的で、フレッシュで爽快な酸味を有する。’シルヒャー’という名前は、淡いピンクからオニオンスキン色の外観が、目も眩む(玉虫色)というところからきている。ヴェストシュタイヤーマルク産のシルヒャーだけが特定のDAC原産(ヴェストシュタイヤーマルクDAC)で販売されているのは、ここでは他のどこよりもこの品種の個性が際立って顕著に現れるからである。典型的なシュタイヤーマルクの白ワイン品種は、ヴェルシュリースリングやソーヴィニヨン・ブランから、モリヨンやヴァイスブルグンダーまで見つけることができる。

 

産地

ヴェストシュタイヤーマルクの546haの葡萄畑は、北から南へと細長い帯状に雲母片岩と片麻岩が分布する土地に築かれている。イリュリア気候の特徴は地中海とアルプスの影響によって緩和され、比較的穏やかな降雨量がある。コアアルペ山脈の麓に位置する葡萄畑は、強風から保護され、深い谷と急な斜面がその地形を形成している。これらの気候と地勢が日中の十分な暖かさをもたらし、葡萄は完璧な熟度に育つ。

 

The picture shows fried chicken on a plate and a glass of rosé wine
© AWMB/Blickwerk Fotografie

料理のヒント

古典的に、ヴェストシュタイヤーマルクの白ワインと、この産地の花形ワインであるシルヒャーは、この産地の郷土料理と楽しむことができる。ハム、ベーコン、チーズ、スプレッドなどの冷たい料理と、ワインの生き生きとした酸味は相性が良い。シルヒャーはまた、シュタイヤーマルク産のフライドチキンとも相性が良く、クリスピーな衣は食欲をそそるスナップと強い果実味を求める。しかし、シルヒャーは料理の国境を遥か超えてインド料理のラムのビリヤニや、さらに東方へと広げることもできる。日本ではシルヒャーは、サーモンやイクラ(オーストリアでは滅多にないが)イワシなどのの寿司と合うとも認められている。
 

A picture shows the system of origins in the Steiermark, depicted as a pyramid, © AWMB.
© AWMB

ヴェストシュタイヤーマルクDAC
ヴィンテージ2018より

葡萄品種:ブラウアー・ヴィルトバッハーシルヒャー)、 ヴェルシュリースリングヴァイスブルグンダーモリヨン(シャルドネ)、グラウブルグンダー、リースリングゲルバー・ムスカテラーソーヴィニヨン・ブラン、トラミナー、これらのブレンドも可能。

レヴェル:

  • ヴェストシュタイヤーマルクDAC:収穫翌年の1月15日から管理番号申請;シルヒャーとヴェルシュリースリングについては収穫年の12月1日以降。
  • 自治体名併記のヴェストシュタイヤーマルクDAC:収穫翌年の4月1日から管理番号申請、シルヒャーについては収穫翌年の2月1日以降。
  • 畑(リード)名併記のヴェストシュタイヤーマルクDAC:収穫翌年の4月1日から管理番号申請、シルヒャーについては収穫翌年の2月1日以降。

アルコール濃度:

  • 規定なし

残留糖分:

  • ヴェストシュタイヤーマルクDAC:最大4g/L;リースリングとトラミナーはトロッケン(辛口)規定に準じなければならない。
  • 自治体名併記のヴェストシュタイヤーマルクDAC:最大4g/L;リースリングとトラミナーはトロッケン(辛口)規定に準じなければならない。
  • 畑名併記のヴェストシュタイヤーマルクDAC:最大4g/L;リースリングゲルバー・ムスカテラー、トラミナーはトロッケン(辛口)規定に準じなければならない。

風味の特徴:

  • 規定なし

ラベル表示:

  • ヴェストシュタイヤーマルクDAC:原産地(DACを含む)は主となる(全ての必須情報を記載した)ラベルでフロントに記載しなければならない。収穫年表記は必須。シルヒャーは’シルヒャー・クラシック’と記載する。
  • 自治体名併記のヴェストシュタイヤーマルクDAC:原産地(DACを含む)と、自治体名は主となる(全ての必須情報を記載した)ラベルでフロントに記載しなければならない。
  • 畑名併記のヴェストシュタイヤーマルクDAC:原産地(DACを含む)と、畑(リード)名は主となる(全ての必須情報を記載した)ラベルでフロントに記載しなければならない。
  • ’シュタイヤーマルク’呼称のクヴァリテーツヴァインは、それ以上の特定産地名を記載しない。

オルツヴァイン(村名称ワイン)のフォーカス品種:

リンク

ヴェストシュタイヤーマルク  ​​​​​​​