ジェネリック・クヴァリテーツヴァイン:多様性と柔軟性

36の認可品種から造られたクヴァリテーツヴァインは9のジェネリックワイン生産地を原産地とすることができる――個々の連邦州の名前、或いは特定ワイン産地――が産地名となる。最も重要なワイン生産地はニーダーエスタライヒ、ブルゲンラント、シュタイヤーマーク、そしてウィーンだ。

A picture shows Generic Winegrowing regions of Austria
© AWMB