ワイン生産地域

気候条件が好ましいことから、大半のワイン生産地域がオーストリア東部に集中しています。しかしながら、他の地域でもワインは生産されています。

連邦県ニーダーエステライヒ(28,145ha)、ブルゲンラント(13,100 ha)、及びシュタイヤーマーク(4,633 ha)は、それぞれ単一のワイン産地として定義され、さらにウィーン(637 ha)、ベルクラントの5つのワイン生産地(ケアンテン、オーベアエステライヒ、ザルツブルグ、チロル、フォーアールベアク)を含む17の他のワイン産地が存在する。

a picture shows the Generic Winegrowing regions of Austria
© AWMB