メルクからクレムスへと続くドナウ川の狭い谷間、世界文化遺産のヴァッハウへようこそ。非常に個性的なワインを育む1,323ヘクタールのブドウ畑、その多くは急勾配の段々畑です。2020年ヴィンテージから「ヴァッハウDAC」の原産地呼称が認証されました。特にグリューナー・ヴェルトリーナーやリースリングなどの最高の畑からは、何十年も熟成のポテンシャルを秘めた、世界で最も偉大な白ワインが生まれます。

ブドウ栽培面積

1,323 ヘクタール

主要栽培地

シュピッツ、アルンスドルフ、ヴェーゼンドルフ、ヨーヒング、ヴァイセンキルヒェン、デュルンシュタイン、ロイベン、ロサッツ、マウテルン

産地とワイン

オーストリアで最も魅力的なワイン産地のひとつ、その誕生秘話は非常に魅力的なストーリーです。ドナウ川は何百万年もかけて、堅固な片麻岩や角閃石の中に蛇行した道を刻み、今日では段丘の結晶岩由来の土壌がリースリングの栽培に最適な場所となっています。氷河期に植物がほとんどなかったため、吹き込んだ岩の粉が山の風下に沈み、結晶質の東側斜面に黄土層が形成されました。偉大でパワフルなグリューナー・ヴェルトリーナーの多くは、ここで生産されています。地質学的な特徴と、中世にバイエルン修道院の庇護のもと超急斜面を整えるために敷設された石造りの段丘壁によって、ヴァッハウのブドウ栽培風景は非常に印象深いものになっています。

 

西大西洋と東パノニアという2つの強力な自然条件がヴァッハウでぶつかるため、気候的にも非常に興味深い特徴があります。また、個々の傾斜、露出、地形、保温性の高い壁や岩によって、微小気候帯が形成されます。暑くて乾燥した夏と厳しい冬は、ドナウ川の大きな水面による緩和作用が働き、バランスが保たれています。北側のヴァルトフィアテルからの冷たい下降気流の影響で、特に収穫直前の数ヶ月間は日中と夜間の気温が大きく変動します。 西側の冷涼なシュピッツァー・グラーベンから東側のより温暖なロイベンベルクまで、このような相互作用により、ブドウのアロマは豊かに、時折エキゾチックなディテールを持つ果実としてワインに冷涼さを表現します。

 

この土壌、気候、ワイン生産者の技術の組み合わせはユニークな産地特性となり、原産地呼称「ヴァッハウDAC」として保護されています。2020年ヴィンテージより、地域典型的なワインを3つの等級で生産しています。ゲヴェイツヴァインとオルツヴァインの等級では、ヴァッハウの多様性が鮮やかに反映されています。王道のリースリングとグリューナー・ヴェルトリーナーに加えて、ノイブルガーヴァイスブルグンダー、ムスカテラーなども、その起源が忠実にグラスの中から感じられます。しかしながら、個別のブドウ畑(リーデンヴァイン)の等級は、グリューナー・ヴェルトリーナーとリースリングのみに限られており、これらのブドウ畑は熟成能力が高いことで世界的に有名です。すべての等級で共通した特別な特徴として、ヴァッハウDACのワインは、手摘み収穫が義務付けられています。

 

1980年代半ば以降、ヴァッハウの辛口白ワイン(まれにロゼワインも)は、地域保護生産者協会「ヴィネア・ヴァッハウ」によって、天然のアルコール度数に応じて3つのカテゴリーに分類されています。アルコール度数11.5%までの香り高いライトボディのワインは「シュタインフェーダー」と呼ばれます(羽毛のような草スティパ ペナータにちなんで命名)。クラシックなカテゴリー(11.5〜12.5%)は、「フェーダーシュピール」(鷹狩りの古語)と名付けられています。アルコール度数12.5%以上の威厳あるリザーヴワインは「スマラクト」で、晴れた日にヴァッハウのブドウ畑ではしゃぐエメラルド色のトカゲにちなんだ名称です。

 

また、歴史的なワイン村の雰囲気の中で、ワインと料理を融合させた至福の体験を探求することも、さらなる興味の対象となります。シュピッツ、ヴァイセンキルヒェン、ヨーヒング、デュルンシュタイン、ロイベンなど、ヴァッハウでは、エリートワイン生産者や一流レストランがいたるところに居を構えています。また、ドナウ川右岸へ足を延ばすこともお勧めです。

The picture shows the Rieden Frauenweingärten and Steiger, in the background is the river Danube.
[Translate to Japanisch:] Ein Bild zeigt herbstliche Weingärten im Sonnenschein bei der Ortschaft Spitz.

ヴァッハウ DAC
2020ヴィンテージより

使用可能品種: グリューナー・ヴェルトリーナーリースリング
シャプタリザシオン(補糖)不可
オーク風味はほとんど感じられない
使用可能品種: グリューナー・ヴェルトリーナーリースリングヴァイスブルグンダー、グラウブルグンダー、シャルドネノイブルガー、ムスカテラー、ソーヴィニヨン・ブラン、またはトラミネール
オーク風味はほとんど感じられない
使用可能品種: (単一、あるいはブレンド): グリューナー・ヴェルトリーナーリースリングヴァイスブルグンダー、グラウブルグンダー、シャルドネノイブルガー、ムスカテラー、ソーヴィニヨン・ブラン、トラミネール、フリューロター・ヴェルトリーナー、ミュラ

収穫は手摘みでなければならない!

生産と瓶詰めは、ワイン産地ヴァッハウで行う。例外:ワイン産地以外でのブドウの加工は、正確に定義された条件の下で、隣接するクレムスタールまたはトライゼンタール地域でのみ可能。

要点

品質レベル/ブドウ品種
醸造

リーデンヴァイン:いかなる成分調整も禁止

アルコール度

規定なし

残糖値

規定なし

風味の特徴

オルツヴァイン、リーデンヴァイン: オーク風味はほとんど感じられない

ラベル表示

原産地呼称「ヴァッハウ(「DAC」含む)」は表ラベルに記載しなければならない

オルツヴァインの原産地

ロイベン、デュルンシュタイン、ヴァイセンキルヒェン、ヨーヒング、ヴェーゼンドルフ、ザンクト・ミカエル、シュピッツ、グート・アム・シュテッグ、ヴィースリング、エルザーン、ミュールドルフ、シュピッツァー・グラーベン、シュヴァレンバッハ、ヴィレンドルフ、グロイスバッハ、アグスバッハ、アルンスドルフ、リューズドルフ、ロザッツ、ウンターベルガン、マウテルンバッハ、マウテルン、バウムガルテン

手摘み収穫必須!

地質

ドナウ川流域の急な斜面を形成しているのは、様々な片麻岩、角閃石、大理石、石英岩などの古い結晶質の硬い岩石で、中でも細かく折りたたまれたグフェラー片麻岩、様々な種類の(材質や構造の点で)準片麻岩、シュピッツの強固な花崗閃緑岩片麻岩などがあります。濃い色の角閃石は、準片麻岩と基本層として交互に現れることが多く、その起源は海底火山の溶岩に遡ります。ヴァッハウ西部には、特徴的な灰色と白色の層を持つ大理石が見られます。

 

谷底の低地では、風化し入り混じった岩石とブロックワークからなる古いスライドマスと、カオリン粘土と赤粘土で覆われた移動領域がヴェーゼンドルフとヴァイセンキルヒェンの間に分布しています。砂利、砂、シルト、粘土などの小さな残留物は、シュピッツァー・ブルグベルクやヴァイセンキルヒェンなどに見られ、約1,500万年前から3,000万年前までの沖積・海洋氾濫を伴うモラッセゾーンに属する進化を記録しています。

 

黄土はヴァッハウにも見られ、しばしば古い岩石の上にヴェールやブランケットのように覆っています。現在のドナウ渓谷の谷床は、粗い川砂利とそれを覆う微細な浸水堆積物の層が形成しています。

Wachau, © Austrian Wine
A picture shows a steaming basket with dim sum and a glass of white wine.
© Austrian Wine/Blickwerk Fotografie

料理のヒント

ヴァッハウのブドウ品種とワインスタイルは、オーストリアの郷土料理はもちろん、国際的な料理でも、素晴らしい多様なペアリングの選択肢を提供してくれます。例えば、ライトからミディアムボディのグリューナー・ヴェルトリーナーは、季節食材の代表格、多くのアスパラガス料理と相性が良く、焼春巻きや点心、海の幸を使ったスパゲッティとの相性も抜群です。リースリングは、トリュイット・ムニエルからエキゾチックなカレーまで、上質な野菜や魚の料理に素晴らしくマッチします。スマラクト等級のヴェルトリーナーやリースリングは、力強い味わいの料理(魚、白身の肉、貝類)を引き立てます。ヴァッハウ料理の女王、アプリコット団子には、フルボディのヴァッハウ・リースリングがよく合います!

 

リンク

法律上の規定ヴァッハウ DAC (ドイツ語)

地図

ギャラリー

ヴァッハウ公式サイト

NEWSLETTER

Be the first one to know the latest news in the world of Austrian Wine!

Erfahren Sie Neuigkeiten vor allen anderen und sicher Sie sich die aktuellsten Themen aus der Welt des österreichischen Weins. • Hintergrundinformationen • Eventeinladungen • Gesetzesänderungen Noch nicht überzeugt? Sehen Sie sich hier unseren aktuellen Newsletter an.