暑く大陸性のパノニア気候の影響を受け、フルボディーでリッチな赤ワインが、ブルゲンラントの東地域で生産されています。このエリアの中には、それぞれが重要な役割を担ういろいろな区分があります。

ヴィンヤードエリア

13.100 ha

例えば、ブルゲンラント最南端のアイゼンベルグの村では、複雑な土壌構造を享受し、近隣のシュタイヤーマルクの涼しい気候の影響を少し受けて、細やかなミネラルの構造と比肩するものなきエレガンスを備えたブラウフレンキッシュやその他の赤ワインに対する、理想的栽培条件が提供されるのです。なめらかな果実味と長い余韻のブラウフレンキッシュは、往々にして北にあるロザリアゲビルゲやミッテルブルゲンラントの高密度のローム土壌から生まれます。ノイジードラーゼー(ノイジードル湖)の西岸、ノイジードラーゼー=ヒューゲルラントでは、この品種は表現力のあるミネラリティとグリップの強いタンニンをもたらします。

Burgenland, © AWMB

リンク

地図

地質学

NEWSLETTER

Be the first one to know the latest news in the world of Austrian Wine!

Erfahren Sie 1x im Monat Neuigkeiten vor allen anderen und sicher Sie sich die aktuellsten Themen aus der Welt des österreichischen Weins. • Hintergrundinformationen • Eventeinladungen • Gesetzesänderungen Noch nicht überzeugt? Sehen Sie sich hier unseren aktuellen Newsletter an.