directly to the content

ワイン生産地域ロザリアは、ニーダーエスタライヒ州とブルゲンラント州の境界に沿って広がるロザリア山脈の東斜面に位置しています。パノニア気候とあらゆる種類のローム層の土壌は、この地域の2つの主要なブドウ品種、ブラウフレンキッシュとツヴァイゲルトの栽培にとって完璧な条件となっています。


ブラウフレンキッシュ, ツヴァイゲルト

ペッテルスドルフ、ノイダールフル、シグレイス

産地とワイン

2018年にグロスラーゲ(大規模なブドウ畑の集合体)からワイン生産地に「昇格」したロザリアには、ブドウ栽培の長い伝統があります。2500年以上前に、ケルト民族がこの地域のブドウ栽培の可能性を見出していました。パノニア気候と、原始の海由来の「地質学的に若い」堆積物のコンビネーションは、ワイン栽培に適した環境をもたらします。ロザリアのブドウは、日中はブルゲンラントの太陽のエネルギーをすべて吸収し、夕方になるとアルプスの麓に近いため再び冷却されます。現在、ブドウ栽培面積は297ヘクタール。パワフルでスパイシーな赤ワインや、フィネスに富んだフルーティーなロゼワインが生産されています。

ロザリアのブドウ品種の中で誰もが認めるリーダーはブドウ栽培面積の60%を占めるブラウフレンキッシュで、ツヴァイゲルトがそれに続きます。2018年ヴィンテージより、ロザリアDACの原産地呼称を持つ地域の代表的な赤ワインは、この2つのブドウ品種から生産されています。中程度の重さの土壌からは、この地域の典型的な特徴である果実味、スパイス、素晴らしいフィネスを備えたパワフルなワインが生まれます。赤ワインに加えて、ロゼワインも重要な役割を果たしています。地域のスター品種だけでなく、一般的な赤ワイン用のブドウも、クヴァリテーツヴァイン用品種であればブレンドに使用されます。そのため、ロザリアDACのロゼワインは、フルーティーでフレッシュ、そしてこの地域特有のスパイシーな味わいになります。

さらに、ロザリアの広大で手つかずの土地は、その一部がロザリア・コーゲルベルク自然公園を形成しており、珍しい種類の果物、イチゴ、甘栗の生育地となっています。また、ブルゲンランド州の州都アイゼンシュタットにも近いことから、観光業の大きな可能性も秘めています。

The image shows the region of Rosalia.
The image shows the region of Rosalia.

ロザリアDACとロザリアDACロゼ

(2017ヴィンテージより)

ブドウ品種
  • ロザリア DAC: ブラウフレンキッシュ、ツヴァイゲルト
  • ロザリア DACロゼ: クヴァリテーツヴァイン用赤ワイン品種1種以上

 

品質レベル
  • ロザリア DACとロザリア DACロゼ収穫翌年の1月1日以降連邦検査番号申請
  • ロザリア DACリザーヴ: 収穫翌年の11月1日以降連邦検査番号申請
アルコール度
  • ロザリア DAC: 最低 12%
  • ロザリア DACリザーヴ:最低 13%
  • ロザリア DACロゼ: 規定なし
残糖値
  • ロザリア DAC:最大4 g/l
  • ロザリア DACリザーヴ:規定なし
  • ロザリア DACロゼ: 辛口
風味の特徴
  • ロザリア DAC: 優れたフィネスがあるフルーティ、スパイシー、アロマティック
  • ロザリア DACロゼフレッシュ、フルーティ、スパイシー
ラベル表示

原産地(DACを含む)は表ラベルに記載しなければならない(裏ラベルがない場合)。ブドウ畑の区画(リード)表示は、ロザリアDAC リザーヴとロザリアDACロゼにのみ許可。

 

地質

この地域の南西部は結晶質の岩石で構成されており、北東に向かって徐々に新しくなる新第三紀のウィーン盆地の堆積物が続いています。この地層は、砂質ロームのバインダーの粗いブロックから始まり、その上に粘土質やシルト質で従属する砂利質の砂が重なっています。マッテルスブルクの南と西、ドラスブルクの近隣にあるブドウ畑は、これらの土壌で栽培されています。

マルツァー・コーゲルからシャッテンドルフに至るまでのヴァルバースドルフの深い土壌にあるブドウ畑もまた、約1600万年から1200万年前にロザリア山脈の端に流れ込んだ古代の海の堆積物の上にあります。北部と北東部には、やや新しく、やはりほとんどが砂質の堆積物が帯状に分布し、その上に地質学的に若い砂質の堆積物があり、これは原始的なパノン湖からの堆積物であることがわかります。これらが、ペッテルスドルフ、シグレス、バート・ザウアーブルン、そしてアンタウの北側のブドウ畑の土壌です。

砂利主体の土壌のブドウ畑はまれですが、ノイデルフルとバウムガルテンで見られます。南部のブドウ畑の区画では、石灰質に乏しい土壌もあれば様々な石灰質の土壌も広く、中央部と北部のブドウ畑の区画では、石灰質が豊富な土壌も多く見られます。

 

The image shows roast beef with onions.

料理のヒント

© Austrian Wine / Blickwerk Fotografie

料理のヒント

この地域の代表的な赤ワインのパワフルでスパイシーな特徴は、濃い色のお肉料理との相性が抜群です。茹でた牛肉や煮込んだ牛肉には、フルーティーでミディアムボディのロザリアDACがお勧めです。一方、ロザリアDACリザーヴは、より風味を重視した調理法や、ラムやワイルドジビエなど主張の強いタイプの肉によって、その風味が十分に発揮されます。

ロザリアDACロゼは、カリッと焼いた野菜、蒸したり焼いたりした魚や魚介類、繊細な鶏肉料理など、軽めの料理と組み合わせて楽しめます。

リンクとダウンロード

法律上の規定 ロザリア DAC (ドイツ語)

地図

ギャラリー

ブルゲンラントの公式ウェブサイト

Share: