ロザリア (Rosalia)
果実風味が主体でスパイシーな赤ワインとロゼワイン

ロザリアのワイン生産地域は、ロザリア山脈の東斜面に位置し、ニーダーエステライヒとブルゲンラントの州境に沿って分布している。パノニア気候と砂質土壌を有し、この地域を代表する2品種であるブラウフレンキッシュとツヴァイゲルトの栽培に理想的な条件が整っている。

ヴィンヤードエリア

297 ha

最も重要なブドウ品種

ブラウフレンキッシュ, ツヴァイゲルト

最も重要なワインの場所

Pöttelsdorf

昇格 - 2018年、ブルゲンラントではグローセラーゲから地域まで、最近にできた特定ワイン生産地域は、長い葡萄栽培の伝統を振り返ることができる。2500年以上前、地元のケルト人はロザリアの葡萄栽培とワイン造りの可能性を認識していた。今日、297haの農地に葡萄が栽培されており、特有の個性をもつスパイシーな赤ワインと果実風味主体でフィネスのあるロゼワインの確固とした原料を生産している。

加えて、ロザリアの広く手付かずの土地は、そのいくらかはロザリア・コーゲルベルク自然公園を形成し、珍しい果物、いちごやヨーロッパ栗が生息し、州都アイゼンシュタットに近いことから観光地としての可能性も提供している。

Links

ロザリアDACについてのより詳しい情報

地図

地質

ブルゲンラントの公式ウェブサイト