ヴェストシュタイヤーマルク (Weststeiermark)

ヴェストシュタイヤーマルクの葡萄栽培面積は546ヘクタールのみだが、家族経営の生産者が多くの葡萄品種から造られる均整のとれた白ワインや、新鮮な酸味を伴う生き生きしたシルヒャーなど魅力的で多様なワインを生産している。シルヒャーは地元で有名なブラウアー・ヴィルドバッハー種から造られ、地域特産品として国際的に長く知られている。

ヴィンヤードエリア

546 ha

最も重要なブドウ品種

Blauer Wildbacher, Sauvignon Blanc, Weißburgunder

最も重要なワインの場所

Stainz, St. Stefan ob Stainz, Deutschlandsberg

Steiermarkにおける最小のワイン生産地域であるにもかかわらず、Weststeiermarkのブドウ栽培の歴史は大変に長く、ケルト人たち、そして後になってローマ人たちがブドウを栽培した証拠が残っています。畑はKoralpeやReinischkogel山の麓から、南のスロヴァニア国境まで広がり、長く細い列のように急斜面を登ります。一部のブドウは標高600メートルに植えられています。

うねるような地形は、強風からブドウ畑を守ります。北のLigistからt. Stefan ob Stainzを抜け、南のDeutschlandsbergとEibiswaldへと抜ける直線的な道は、深い谷や急な山や数えきれないほどの絵画のようなケラーシュトッケルン(畑の中に点在する小さなセラー小屋)に彩られています。Greisdorf、Gundersdorf、Wildbach、そしてWiesといった、可愛らしいワイン生産村を抜けてのドライブは、素晴らしい眺めと美味しいワインをお約束するでしょう。Weststeiermarkの土壌は、近隣の地域と大きく異なっており、基本的には片麻岩、シスト、そして堆積した岩石の層から成り立っています。気候は牧歌的と言うべきで、温かく湿った地中海と南東ヨーロッパの影響を受け、比較的降水量が多いことを特徴としています。

全ての自然要因が相互作用によって地元のワイン特有のスタイルを形成し、この地域の至る所でみられる。葡萄畑のほとんどには、淡いローズの色調のシルヒャーの原料となる古代の黒葡萄であるブラウアー・ヴィルドバッハーが栽培されている。もともとは厳しい酸味がある田舎っぽい農家のワインとみなされていたが、志高い生産者が手がけることで品質改善を繰り返し、国際的に求められるテロワールワインへと変化していった。

2018年にヴェストシュタイヤーマルクDACが導入されたことで、シルヒャーにはシュタイヤーマルクに固有のワインとして特別な認識が与えられた。同時に、シュタイヤーマルクの典型的な白葡萄品種の中で、オルツヴァインではソーヴィニヨン・ブランが重要とされる。ヴェストシュタイヤーマルクは、ヒルシャーに独自の保護原産地呼称を有する。その希少な赤の変種も、オーストリアのワイン産地を個性的でスタイルが豊富なものにしてくれるので、ブラウアー・ヴィルドバッハーから造られるスパークリングや甘口ワインと同様に過小評価されるべきではない。しかし、これらのワインのラベルは'シュタイヤーマルク'表記となる。

シルヒャーは、ワインツーリズムの磁石であり、その間違えようのないキャラクターは、ヨーロッパの最も無垢で絵画的なワイン風景のひとつを世界に伝える大使になっています。

The picture shows Schloss Stainz
© AWMB / Anna Stöcher

リンク

ヴェストシュタイヤーマルク DAC

地図

地質学