自然の甘美な戯れ

ノイジードラーゼー(ノイジードル湖)周辺では、パノニア気候と溢れる湿気が偉大な甘口ワインの生産に最適な環境をお膳立てする。

A picture shows Lake Neusiedl
© AWMB / Lukan

320k㎡の湖とゼーヴィンケル地域に散らばる近辺の数多くの小さな湖が、特別なミクロクリマを形成し、それが良い、あるいは“高貴な”なカビをブドウに発生させる。年によっては、このプロセスは急速になされる。貴腐によるプレシカーツヴァインは他のワイン生産地でも造られている。これら全てのワインは多くの要素を共有する:アルコール、高い残糖による甘さ、そして果実酸味が調和し、重層的なモザイクを成す。ワインは非常に長期間熟成向上し、長い間楽しむことができる。さらに、自然の風味の構成要素は、小さな木製の小樽でのエイジングによってこそ、フルにその姿を現す。