オーストリアワインマーケティング協会からのニュース 2014

[Translate to Japanisch:]
[Translate to Japanisch:]

 –  難しい天候状況、多くの雨と少ない日照のため、健康で熟したブドウを畑から収穫するためには、オーストリアのワイン生産者達は多大なケアと多くの労力を払わねばならなかった。2014年のブドウの収穫量は、またしても長年の平均を下回りそうだが、フレッシュな果実酸味に溢れ、快適で飲み易いワインが期待できそうだ。 もっと読む

[Translate to Japanisch:]
[Translate to Japanisch:]

 –  開花期の好天候に加え、夏の十分な降雨は、2014年の好結果のお膳立てをしていると今のところは見える。収穫量の少ない年が続いた後の250万ヘクトリットル――長期的平均を上回る――の収穫が見込まれている。ここ数週間の概ね湿った発育過程間、入念な手入れがされた場合は、良質で健全なブドウが傑出したヴィンテージとなるべく成熟すると予測される。 もっと読む

 –  オーストリアのワイナリーは、2013年を振り返ってみれば過去最高の輸出高を更新した。2012年同様、量的に収穫量は平均を下回りながら、輸出高は5%以上増加し、1億3千9百万ユーロに達した。瓶詰めワインの割合の高まりにより、1リットル当たりの輸出平均金額は、歴史上初めて3ユーロを超えた。さらに、本国のワイン経済状況の適性化により輸出ワイナリー数もコンスタントに増加を続けている。特に増加の顕著な市場は、ベネルクスに諸国、スカンディナヴィア諸国、そして英国だが、日本や中国など遠隔市場においても大きな増加を見た。加えて、国内の業界構造改善により、輸出をするワイナリー数は増加を続けている。 もっと読む

 –  オーストリアで最初に、アメリカのワイン専門誌“The Wine Advocateザ・ワイン・アドヴォケイト"によるオンラインワインレヴューerobertparker.comにおいて、パーカーポイント100点をつけたワインは、ヴァッハウ産だ。"1995年ニコライホーフヴィノテーク リースリング"がその満点を与えられたワインで、、ヴァッハウのマウテルンにあるニコライホーフの歴史的セラーにおいて、17年の大樽熟成の後、2012年4月にボトリングされたものだ。 もっと読む

 –  オーストリア郵政省は“オーストリアのワイン生産地”特別記念切手シリーズ第三弾を発売した。この新シリーズは5月3日に発行され、先行する2シリーズでシュタイヤーマーク、そしてヴァインフィアテルを題材にした後、オーストリアの最も小さなワイン産地のひとつであるヴァハウに焦点を当てている。今回のヴァッハウ新シリーズに関しては、ヴァッハウのケラーシュロス(ワイナリー城)が、リースリング種――グリューナー・ヴェルトリーナー種とともに、この地方で最もよく知られる――のブドウとともにフィーチャーされている。 もっと読む

 –  御馳走を詰めたピクニックバスケットは準備万端。シーズン最初の、暖かな春の日のオーストリアワイン畑の旅の喜びに向けて、自転車もギア・アップ。期待のブレーキは利きそうにない。オーストリアのワイン産地は、ウィーンからシュタイヤーマーク、ドナウランドからズュドブルゲンラトに至るまで、限りなく喜び溢れる冒険と経験を提供する。全てのトラベル・ティップスとアドバイスは、オーストリア・ワイン・マーケティング協会(AWMB)のウェブサイトaustrianwine.comの“Wine Travels in Austria(英語のみ)”のプラットフォームで入手可能だ。 もっと読む

 –  4月10日(木)にオーストリア大使公邸にて、「オーストリアワイン大使」選抜コンテスト2014の最終審査が行われ、ゴールドとシルバーのオーストリアワイン大使が各10名新しく任命されました。 もっと読む

 –  約2百40万ヘクリットルの収穫高――主要品種であるグリューナー・ヴェルトリーナーが開花期の悪天候により花振いの害を受けたものの、直近5年平均を軽く下回る量に留まった。気まぐれな天候にもかかわらず、キメ細かいワイン畑の管理と、注意深く決められた収穫のタイミングのおかげで、全てのワイン産地において非常に高い質のワインが得られた。オーストリアの赤ワインも当初の予測を上回り、満足以上の成果を上げた。 もっと読む

 –  少なかった収穫量に反し、オーストリアのワイナリーは過去最高の輸出高を達成。 オーストリアのワイナリーは、2013年を振り返ってみれば過去最高の輸出高を更新した。2012年同様、量的に収穫量は平均を下回りながら、輸出高は4%以上増加し、1億3千750万ユーロに達した。瓶詰めワインの割合の高まりにより、1リットル当たりの輸出平均金額は、歴史上初めて3ユーロを超えた。さらに、本国のワイン経済状況の適性化により輸出ワイナリー数もコンスタントに増加を続けている。特に増加の顕著な市場は、ベネルクスに諸国、スカンディナヴィア諸国、そして英国だが、日本や中国など遠隔市場においても大きな増加を見た。 もっと読む