[Translate to Japanisch:]

2021年の収穫:やや遅めの収穫、フルーティで調和のとれたワインが見込まれる

平均収穫量は240万ヘクトリットルの見込み - オーストリアワイン生産者協会会長のヨハネス・シュムケンシュラーガー氏は、「COVID-19パンデミックによる経済的混乱を経て、オーストリアのワインメーカーたちは今年のヴィンテージを待ち望んでいます。量的には、昨年と同様、約240万ヘクトリットルの平均収穫量が予想されており、天候の影響で、収穫時期は近年よりも若干遅くなるでしょう。」と解説。

A picture shows a chapel in an Austrian vineyard.
© Austrian Wine / Carletto Photography

また、「上半期のやや冷涼な天候は、いくつかの利点をもたらしました。ブドウ樹の成長が遅くなったことで、遅霜による被害のリスクが大幅に減りました。他のヨーロッパのワイン生産地はそれほど幸運ではなく、フランスとイタリアの大部分、そしてドイツの一部の地域では、かなりの霜害を受けました。全体的に見て、今年のヨーロッパワイン市場に影響を与えるでしょう。」と付け加えました。

2021年の天候

冬の降雨量が控えめだったため、今年の栽培シーズンは非常に変わりやすいものとなりました。3月と4月は涼しい時期と非常に暖かい時期が交互に訪れ、全体的に強い乾燥状態でした。多くの場合、ブドウの芽吹きは比較的遅い4月の終わり頃でした。5月の冷涼な天候は、ブドウ樹の成長をわずかに遅らせましたが、これは遅霜のリスクという点では有益でした。5月の気温が低かったため、開花は6月中旬になりましたが、月初に気温が上がり、非常に早く進みました。

雹と豪雨

6月以降、気温が30℃を超える日が何度もあり、水分を含んだ熱い空気に加えて、雨や雹が激しく降りました。6月24日には、ヴァインフィアテルのブドウ畑約1,000ヘクタールが雹の被害を受けました。

7月は暑くて雨が多く、さらにヴァッハウ、ウィーン、ミッテルブルゲンラント、 ジュートシュタイーマーク、ヴァルカンランドなど多くのワイン生産地で大きな雹が降りました。クレムスタールおよびトライゼンタール地域での豪雨により、かなりの洪水が発生しました。ちなみに、ドイツのワイン生産地アールでの壊滅的な洪水被害も、同時期に発生しています。降雨と高温により、ブドウ畑では深刻なカビの被害が発生し、ブドウ樹への注意と手当てが特に必要でした。

A picture shows hands picking grapes for checking on their ripeness.
A picture shows the hands of a vintner measuring the sugar content of grapes with a refractometre.

ブドウの成熟、ワインへの期待

萌芽は比較的遅く、開花も遅かったにもかかわらず、熱と湿気を伴う天候のおかげで、ブドウの成熟は加速し、前年と同様のペースで進みました。成熟は通常のやや涼しい時期までずれ込み、夜間もやや冷え込んできたことから、それに見合った糖度と適度な酸味が期待でき、今年も非常にフルーティーで調和のとれたワインが期待できます。

平均的な収穫量

量としては、平均的な収穫量が期待できます。開花期の暑さの影響で一部に花ぶるいが見られたものの、全体的に結実は良好でした。雨が多かったので、ブドウの周りの通気性を良くするため、キャノピーの風通しを考慮してブドウ樹を手入れする必要がありました。これにより、ほとんどの場所で健全なブドウが育ちました。

9月、収穫開始

「ワイン生産者たちは、完熟し調和のとれたブドウ(ワイン)を収穫するため、暖かく乾燥した秋を期待しています。各ワイン生産地の予測によると、今年のワイン収穫量は年間平均並みの240万ヘクトリットルが見込まれています。ブドウジュースやシュトゥルム(部分的に発酵させたブドウ果汁)の生産のための早摘みを除けば、収穫はノイジードル湖周辺では9月前半に、その他の多くの地域では9月中旬頃に始まります。ほとんどの地域では、主な収穫は9月下旬から10月上旬に行われるでしょう」と、シュムケンシュラガー氏は伝えました。

概要
品質
  • ほどんとの産地で健全なブドウが期待できる
  • 非常にフルーティで調和の取れたワインが期待できる
収穫量

約240万ヘクトリットルの見込み(15年平均=240万hl)

植生段階
  • 多くの場合、萌芽は遅れるが、遅霜の被害はない。
  • 開花も遅れ、一部に花ぶるい
  • 6月の早い時期から暑い日が続き、夏の雹や大雨で大きな被害が出た地域もある
  • 晩熟で、糖度と酸度のバランスが良い
  • 降雨の結果、健全なブドウを収穫するためには、ブドウ樹の慎重な手入れが必要となった。

リンク&ダウンロード

詳細情報

Österreichischer Weinbauverband (Austrian Winegrowers Association): Prof. Dipl.-Ing. Josef Glatt MBA
Tel.: +43 1 53441-8553, j.glatt@lk-oe.at

Press relations, Chamber of Agriculture: Prof. Dr. Josef Siffert
Tel.: +43 1 53441-8521, j.siffert@lk-oe.at

Austrian Wine

A picture shows Chris Yorke, CEO of Austrian Wine.
© Austrian Wine/Anna Stöcher

CEO

Mr Chris Yorke
 

プレスの連絡先

Mr Georg Schullian
Teamleader Press, PR & Corporate Design

Ms Vera Amtmann
Head of Communications

T: +43 1 503 92 67-30
communications@austrianwine.com

NEWSLETTER

Be the first one to know the latest news in the world of Austrian Wine!

Erfahren Sie 1x im Monat Neuigkeiten vor allen anderen und sicher Sie sich die aktuellsten Themen aus der Welt des österreichischen Weins. • Hintergrundinformationen • Eventeinladungen • Gesetzesänderungen Noch nicht überzeugt? Sehen Sie sich hier unseren aktuellen Newsletter an.