オーストリアの2014年ハーヴェスト:生産者は乾燥した好天候の秋に期待

開花期の好天候に加え、夏の十分な降雨は、2014年の好結果のお膳立てをしていると今のところは見える。収穫量の少ない年が続いた後の250万ヘクトリットル――長期的平均を上回る――の収穫が見込まれている。ここ数週間の概ね湿った発育過程間、入念な手入れがされた場合は、良質で健全なブドウが傑出したヴィンテージとなるべく成熟すると予測される。

The picture shows a vineyard with harvest helpers and a wine landscape in the background. Copyright AWMB/Komitee Kamptal
© Austrian Wine/Komitee Kamptal

「冬の低湿度と春の雨不足のため、元々多くの畑で旱魃と水不足ストレスが心配されていた」と、オーストリアワイン生産者協会のヨハネス・シュムッケンシュラーガーは語った。「しかし同時に比較的早い発芽と素晴らしい開花が春の発育のスタートを飾った。」

夏の多雨と恒常的な多湿が植生を大きく変えた。ブドウの健康を保つため、畑では入念な手入れが必要となった。同時に、好天続きの乾いた春の発育プロセスの早いスタートは、基本的に帳消しとなった――現状の成熟過程は2013年とほぼ同じだ。全てのワイン生産地区では現在、晩夏から秋の乾いた好天を、腐敗を避けるために待ち望んでいる。そうなれば、傑出したヴィンテージの妨げとなるものはない。

雹:いくつかの地域で甚大な被害

多くの夏の雨にもかかわらず、雹害報告記録は直近過去数年より少ない。そうは言っても幾つかの部分的雹害があった。特に記憶すべきは初夏にウィーンを襲った強力な雹嵐で、ヌースベアクに甚大な被害をもたらした。ブルゲンラントのワイン生産地区でもいくつかの雹害があった。取り分けヴァレルン村では5回のかなり顕著な雹害が記録された。

より多くの白、少量の赤

250万hlの収量予測はスタティスティーク・オーストリアによる予測に基づく。うどん粉病による深刻なカビの害が、北部ヴァインフィアテルやノイジードル湖周辺のいくつかの産地で発生した。過去数年より高いワイン生産量は、ニーダーエスタライヒ地方――昨年グリューナー・ヴェルトリーナー種に深刻な開花期の問題が起こった――の白ブドウの豊作によるところが大きい。今年の赤ワインブドウの収量は昨年より少量となりそうだ。

ジュースとシュトゥルム用のブドウの収穫は、既にノイジードル湖周辺では始まっている。主要な収穫はブルゲンラントでは9月中旬、そしてニーダーエステライヒとシュタイヤーマークでは9月後半に始まるだろう。

「過去数十年にを見渡せば、2006年のように2014年と似た天候コンディションの年がいくつか存在し、この年は傑出した品質のワインを生んだ。」とオーストリアワインマーケティング協会会長ヴィリー・クリンガーは語る。「各産地の生産者の知識と経験のレベルが非常に高いこと、そして回数を増やしての収穫がとても重要だ。また、今年の収穫が250万hlに達するなら、それはオーストリアワインの将来的輸出量の増大を示唆することになるので、我々にとってとても喜ばしいことだ。」

詳細な情報

オーストリアワイン生産者協会:
Dipl.-Ing. Josef Glatt MBA, Tel +43/1/53441-8553

VAÖ -オーストリア農業ジャーナリスト協会
農務省広報局:
Dr. Josef Siffert, Tel +43/1/53441-8521, E-Mail: j.siffert@lk-oe.at

NEWSLETTER

Be the first one to know the latest news in the world of Austrian Wine!

Erfahren Sie Neuigkeiten vor allen anderen und sicher Sie sich die aktuellsten Themen aus der Welt des österreichischen Weins. • Hintergrundinformationen • Eventeinladungen • Gesetzesänderungen Noch nicht überzeugt? Sehen Sie sich hier unseren aktuellen Newsletter an.