エキサイティングな7要素

オーストリアワインは今日、世界中のワイン業界の人々にもワイン愛好家達にも等しく高く評価されている。地に足のついた生産者達の手作業によって造られるワインは、そのポテンシャルをブラインド・テイスティングにおいて繰り返し発揮している。特筆すべきは、オーストリアワインの他に替え難い、エキサイティングな特性で、その特性は7つの不可欠な要因によって構成される。

A pictures shows a landscape
© AWMB / Brunnbauer

1. 気候
相反する要素が生む緊張空間

オーストリアの特殊な地理的な位置は、ワインの唯一無二な特質にとって最も重要な要因だ。 さらに読む

 

A picture shows the Wineregion Wachau
© AWMB / Forster

2. 風土
美しい風景、厳しい

オーストリアは比較できないほど素晴らしい生活の質を誇るゆったりとした国だ。オーストリアが世界中で最も魅力的な旅行先のひとつになったのは、このことと決して無縁ではない。さらに読む

 

A picture shows a vineyard
© AWMB / Brunnbauer

3. ブドウ品種
国際品種同様地場品種も

国際的に成功している品種、例えばリースリング、ソーヴィニヨン・ブランゲルバー・ムスカテラーヴァイスブルグンダーピノ・ブラン)、シャルドネピノ・ノワールメルロ、そしてカベルネは、オーストリアにおける特定の産地と畑に実り、フィネスと産地固有の性質を持った素晴らしいワインを生む。さらに読む

 

A picture shows the Loisium Wineexperience-world
© AWMB / Stöcher

4. 文化
偉大な文化とワイルドな若者達

ワインは2000年以上にわたってオーストリア文化の一部であり続けている。今日においてもなお、ローマ時代のセラーや中世の村々、バロック様式の修道院や城は、オーストリアのワイン産地の典型的な風景の一部だ。さらに読む

 

A picture shows a vinyard near vienna
© AWMB / Faber

5. 自然
自然に配慮しつつの成果

オーストリア人は自然を愛し、それゆえ自然に多大な敬意を払っている。環境保護、特に水質保護、健全で遺伝子操作をしない食品、生態的多様性、エネルギーと素材効率といった事柄は、この国の最優先課題だ。さらに読む

 

A picture shows a winebar
© AWMB / Schramm

6. 価格対価値
高い品質、妥当な値付け

家族経営のワイナリーがオーストリアのワイン業界の主流で、それゆえに大量生産はその中心的存在ではない。さらに読む

 

A picture shows a table
© AWMB / Schramm

7. 味わい
シュニッツェルから寿司まで理想的にいい相性

コンパクトなボディーと気候由来のフレッシュさのため、オーストリア・ワインは様々な異なるスタイルと調理方法の料理の理想的お供となる――その広がりは中欧から地中海沿岸諸国の料理、はてはアジア、そしてエスニックからフュージョン料理まで多種多様だ。さらに読む