オーストリアの気候環境

オーストリアワインは、そのスタイルの幅の広さにも関わらず、一貫した性質を持ち、それが他のインターナショナルワインと異なるところだ。その性質とは、ブドウが生理学的に完全な成熟をしているにも関わらず、アロマが新鮮であることだ。深みがあり、豊かなワインがここまで軽快で、フレッシュなワインの中身がここまで詰まっているような場所は、地球上ここしかあり得ない。

© AWMB

勿論、土壌校正や、様々な微気候環境など、多くの地域的差異が存在する。大別して4つの気候ゾーン(ドナウ圏、ヴァインフィアテル、パノニア平原、そしてシュタイヤーマーク)が存在し、前者3産地はウィーンに接しているが、各気候の違いはワインの個性に明確に現れる。

1北からの冷たい風
2暖かいパノニア気候
3穏やかな地中海気候