ヴァインフィアテル

オーストリア最北のワイン産地であるヴァインフィアテルは、“ペパリー”なグリューナー・ヴェルトリーナーの故郷だ。その面積の広さと明確な境界線――マンハーツベアク山脈を西端、ドナウ川が南端、オーストリア国境が北と東――のために、ヴァインフィアテルは、数多くのミクロクリマや地質上の差異はあっても、広い固有の一地方を成している。

© Wine Committee Weinviertel

ヴァインフィアテルのクラシックなヴェルトリーナーの典型的特徴には、科学的な一貫性のあることが、最近の調査で確認された。従って“ヴァインフィアテル”――クラシックタイプのペパリーなヴェルトリーナー――が新たなDAC制度における、オーストリア最初の原産地呼称として歴史に名を刻んだことは、驚くに値しない。ドナウ地域のヴェルトリーナーとは対照的に、“ヴァインフィアテル”のものはより素朴なアロマと性質を持ち、そのため郷土料理の理想的パートナーとなる。ヴァインフィアテルの特別な区画では、グリューナー・ヴェルトリーナーのリザーヴの品質レベルにあるものは、ドナウ周辺のワインを特徴づける性質と同一の種類の凝縮感とフィネスを呈する。ヴァインフィアテルの気候は、グリューナー・ヴェルトリーナーに好適なだけでなく、 ヴェルシュリースリングヴァイスブルグンダー、リースリングなど広範な品種にも向く。ヴァインフィアテルには、例を挙げるならハウクスドーフ一帯のような、赤ワインを生産する島も存在することを記すことも重要だ。