Geology of the wine-growing regions

A picture shows a Vineyard in Langenlois
© AWMB / Brunnbauer

Niederösterreich
(Lower Austria)

Niederösterreich 州には、Moldanubian帯、Maravian帯、Molasseゾーン、ウィーン盆地、Waschbergゾーン、Flyschゾーン、北部石灰アルプス、中央東アルプスといった大きな地質学的区分が含まれます。第四期にできた細かい粒子の黄土や粗い山砂利といった堆積物はぶどうの生産に重要で、主要な地質すべてで見られます。

黄土は、この地域のぶどう畑の半分を超える様々な石灰質ドロマイト含有量持つ深い土壌の初期物質となっています。ぶどう畑の約3分の1は、Molasseゾーンとウィーン盆地の新第三紀の土地にあります。地域で形成されたマール岩や砂岩、混合物およびLeitha石灰岩の他に、ここで多数を占める岩石は非固結堆積岩です。これらはすべて粘土質シルトから砂、砂利、岩石の破片まで多岐にわたり、炭酸塩の含有量も大きく異なります。

ぶどう畑のわずか6%だけがボヘミア山脈の結晶石の岩盤の上に作られています。これらでは片麻岩、花崗岩、グラニュライトが大半を占めています。特に豊富な結晶片準片麻岩が豊富な帯では、閃岩層としばしば交互に見られ、大理石層ではそれほど頻繁ではありません。特筆すべき特質は、ボヘミア山脈の高く隆起した山脈の最初の浸食の残骸です。古生代後期のいわゆるZöbing Formationに見られます。

続きを読む

A picture shows a vineyard in Burgenland
© AWMB / Schramm

Burgenland

Burgenland iは、地質学的観点からみるとStyrianとPannonian渓谷およびAustroalpinおよびPenninic 帯から形成されています。Austroalpine帯は、複数のナッペで構成されており、地窓を通じてPenninic帯の低い部分が暴露されています。第四期の堆積物は特にオーストリア北部では一般的に見られます。

この地域のぶどう畑の60%以上が、かつてドナウ川が流れていた場所に沿ってみられる様々な粗粒子の石灰質の砂利で占められています。特にゼーヴィンケル砂利は、ぶどう畑の約3分の1の土壌に見られます。これらの砂利は、局所的に細かい沈殿物によっておおわれています。古いローム層の段丘では、しばしば石灰が少ない層が幅広く広がっています。

ぶどう畑の3分の1強が盆地内の新第三紀の堆積物の上にあります。これらは粒子の大きさや炭酸塩含有量、結合度の面で非常に多様です。中央ブルゲンラントの一部泥化したものやほぼ純粋で石灰を含まない泥から、結合Leitha石灰岩まで幅広く目にすることができます。

固結岩石の上にあるぶどう畑の割合は低いものの、ドロマイトや石灰岩、石灰質・粘土質および雲母片岩、片麻岩、角閃岩、蛇紋岩など多岐にわたっています。

続きを読む

A picture shows the Landscape in Styria
© AWMB / Anna Stöcher

Steiermark
(Styria)

Styriaは、中央東部アルプス地域では、地質学的なPenninicとAustroalpine帯で形成されています。。その他には、次がAustroalpine帯に属しています。それらは、北部石灰アルプスとJogllandes、 Sausal、Koralpe山脈地区の結晶石岩です。低地はMurおよびMürz渓谷の盆地とStyrian盆地を形成しています。アルプスはStyrian盆地の下に消え、Pannonian盆地の東に広がっています。

Styriaのぶどう畑の約4分3は、Styrian盆地の堆積物の上にあります。ぶどうの約20%がAustroalpine帯の固結岩石の上で作られています。少量が粗い沖積層の上で栽培あれ、盆地に集中しています。

この地域で注目すべき特色は、Styrianのぶどう畑の約3%を占める南東部の火山玄武岩、スコリア凝灰岩です。残りの基礎鉱床は、粒度、炭酸塩含量および固化度が異なります。シルト、砂礫、砂利、丸石泥流、砂岩および混合物、局所的に発生する石灰岩にまで及びます。

中央東部アルプス地域のぶどう畑では、片麻岩、雲母片岩、雲母、角閃岩、希少大理石、石灰岩などが見られます。

続きを読む

A picture shows a Vineyard at Nussberg
© AWMB / Elze

ウィーン
(Vienna)

Bisamberg、Dobling、Dornbach、Ottakringのぶどう畑は、Penninic Flyschの固結岩石と有色マールおよび新生代時代のウィーン盆地の縁辺の海成たい積物の上にあります。

Flyschは、一部が石灰質で部分的に石灰が豊富な砂岩で構成されています。盆地周辺の堆積物は、非固形石灰岩(Leitha石灰岩)で構成されていますが、ほとんどが粗い砂と砂利であり、マールはほとんど含まれていません。これらは、1600万年から1200万年前に堆積されました。 MauerとKalksburgのぶどう畑の基底層もまた、ウィーン盆地の周辺の堆積物から形成されています。これらは、川の堆積物やウィーンの森からの砂利堆積物が混合物または角礫岩類として固まったものです。
Stammersdorf、Hungerberg、Oberlaaのブドウ畑は、かつてのドナウ川を示す段丘にあり、石灰質の砂利でできた表面層と、砂利や細粒の堆積物で形成された土壌となっています。これらは地域では、ウィーン盆地のTegelとして呼ばれています。

 

A picture shows the Lavvanttal in Carinthia
© AWMB / Weinbauverband Kärnten

他のオーストリアの地域

オーストリアの西部および中央部を構成する硬い崖の岩は非常に多様です。それらは、Moldanubicum、Molasse ゾーン、Northern Kalkalpen(石灰アルプス)のある東アルプス、中央アルプス、flysch岩石のPenninikum、HelveticおよびSubpenninikumです。東部オーストリアのアルプスでは若い堆積盆地や地質学的にも歴史の浅い層や砂質層、砂礫、粘土が堆積しています。これらの堆積物や粒子はすべての山と谷に蓄積され、現在の渓谷や湖となっています。第四紀の氷河期には、高地の大部分が数回にわたり広く氷に覆われました。オーバーエスターライヒ州とEastern Carinthiaの北部だけが凍りのない最後の氷河でした。オーバーエスターライヒ州では、大きな砂利の段丘があり、黄土とローム層もまた見られます。しかしながら山岳地域では、若い堆積物が局在しており、内容物は非常に多岐にわたっています。