Niederösterreich (Lower Austria)

Ein Bild zeigt eine Kellergasse in Carnuntum
© AWMB / Anna Stöcher

Carnuntum

ぶどう畑はライタ山その一方でパラセシス海とパノン湖の堆積物の上に作られています。ここは、Arbesthal丘陵とPrellenkirchner Flurエリアで、かつてドナウ川の渓谷であった砂利の段丘です。

パラセシス海とパノン湖の鉱床は、多様な炭酸塩が豊富な非固結の砂・泥灰土またはシルト粘土で構成されており、砂利の堆積物はあまりありません。ドナウ川の段丘の堆積物は、石英が豊富な砂利です。これらはすべて石灰質ドロマイト、シルト黄土または粘土、そして脱灰された黄土ロームを含んでいます。

ライタ石灰岩は、約1600万年前にウィーン盆地の海洋堆積物の周辺に作られたライタ山脈の海岸線に形成されています。HofとUngerbergのぶどう畑はライタ石灰岩の上に作られています。
Hainburg山脈では、最深部と最奥部が花崗岩でできており、既存の片麻岩の中に入り込んでいます。この高地には、ベルグのぶどう畑が存在します。これらの岩石の上に蓄積したのは、中生代の石灰質ドロマイト炭酸塩岩です。それらは、HundsheimとSpitzerberg山の頂上に岸壁を形成しています。

 

Ein Bild zeigt die Weinerlebniswelt Loisium
© AWMB / Schrammer

Kamptal

南向きのぶどう栽培地域には、その地質学的特徴に基づく、Variscan山脈とMolasse Zゾーンに由来する岩石が含まれています。Molasse Zゾーンは、地質学者がパラセシスと呼ぶ海の発達と、 3つの(カンプ、トライゼン、ドナウ川)の影響が重なり合っていることが特徴です

北部は多様性があり、主に酸性の結晶性の固結岩石が占めています。これらは、特にWachauおよびKremstal地域で良く見られます。オーストリアでは非常にユニークな岩石群がHeiligenstein地域の先端部で見られます。この地溝の裂け目では、以前のボヘミア山脈の高山の最初の浸食物が見つかります。それらは、混合物、砂岩、アルコーセース(赤、長石の砂岩)、および頁岩で構成されています。堆積物は、3億2,000万年から2億5,000万年前に堆積され、高温乾燥気候により古代山脈から前地に流れ出た洪水の結果生じたものです。注目に値する特別な特徴は、混合物の中に火山噴火の存在を証明する流紋岩の小石が見つかることでしょう。

Kamp渓谷に氷河期時代にもたらされた黄土の堆積物は、ぶどう畑で最も多く見られます。

 

Ein Bild zeigt einen Weingarten an der Donau im Kremstal
© AWMB / Schramm

Kremstal

Kremstalのぶどう栽培地域は、Waldviertel地方の南東弧とDunkelstein森にあります。結晶岩盤でできたこのエリアは、主に非固形岩がみられるAlpine Forelandの東に向かって広がっています。結晶質の高地の風上側は、広範囲に時には非常に厚い黄土を作る原因となっています。

ドナウ川の北側には、時には結晶片岩や固形準片麻岩で作られた傾斜が見られます。これは角閃岩と花崗片麻岩を含んでいます。ドナウ川の南には、白粒岩の露頭が見られます。明るい色をした非常に硬い白粒岩はGföhlerGneissに関連があります。

非固形岩の中では、石灰質の黄土石がより一般的に見られ、いくつかの層の上に複数の層が存在します。黄土は、結晶質の岩石だけでなく、古い砂利、砂および粘土を覆うことがあります。後者は海洋堆積物の一部となり、Molass堆積物とドナウ川の段丘となっています。ドナウ川の砂利の氾濫原に近い最深の平らな層は黄土でおおわれていませんが、洪水による薄い堆積物の層が見られます。ドナウ川の砂利の氾濫原の近くにある最も深い平らな層には黄色の覆いはありませんが、むしろ細かい洪水堆積物の薄いシートを示しています。

Ein Bild zeigt einen Weingarten in der Thermenregion
© AWMB / Anna Stöcher

Thermenregion

Thermenregionのぶどう栽培地域は、石灰アルプスの東端に沿ってウィーン盆地まで広がっています。しかし、少数のぶどう畑だけが、石灰岩やドロマイトの石灰岩、またはGosau群の砂岩と混合物の上にあります。ぶどう畑はウィーン盆地のパラセチス湖とパノン湖の堆積物の上やSteinfeld平原の砂利の上に植えられています。
砂でできた盆地の縁には、砂利、砂岩、混合物および礫岩が主に見られます。これらは、石灰アルプスの岩石とflysch岩石からできており、隆起するアルプスから川によって運ばれてきました。有名な化石地帯は、貝類、腹足類およびサンゴなどがみられることで知られています。さらに、約1,400万年前のジュゴンの骨なども含まれています。盆地では、ぶどう畑は細粒粘土、マール、崖錐または膠質層に位置しています。ここでは高い石灰含有量を有​​する石灰質の土壌が発達しています。

南東部では、Rosalia山脈の露頭であるAustroalpine帯の結晶片岩と炭酸塩の上にいくつかのぶどう畑が作られています。

 

Ein Bild zeigt Weingärten im Traisental
© Philipp Forstner

Traisental

最も驚くような地質学的要素は、約1600万年前までかつてのトライゼン川によって運ばれていた石灰・ドロマイト質の砂利で、石灰アルプスから運ばれ、パラセシス海のデルタに堆積したものです。砂利は主に混合物と結合し、特に渓谷の西の斜面にある高地に現れました。渓谷の右側は、より古いいわゆる谷の右側では、いわゆるOncophora-Bedが支配し、現在では、トライゼン形成と呼ばれています。これらは、石灰これらは現在、Traisen Formationと呼ばれています。これらは、石灰質(程度はあるものの沈泥性)で時には硬結性の砂です。この中で名前の由来となった海洋性軟体動物「オンコフォラ」を目にすることができます。局所的な混合物が砂の中に入り込みます。しかしながら、2つの構成物が組み合わされることは、ぶどう畑の土壌下ではわずか約20%を占めるのみとなっています。

ぶどう畑の大半が黄土の上にあります。渓谷の左側の傾斜はしばしば、断ち切られたような混合物によって侵入されています。

ぶどう栽培地域の最西端では、Dunkelsteinの森の結晶床が明るく固いグラニュライトとして姿を現します。その上には、グラニュライトの上に黄土が堆積しない場合、酸性のぶどう畑の土壌が構築されています。

Ein Bild zeigt einen Weingarten in der Wachau
© AWMB / Brunnbauer

Wachau

古い結晶性の固結岩(例えば、様々な片麻岩、角閃岩、大理石、および珪岩)は、ドナウ渓谷の険しい傾斜を形成します。まず挙げられるのは、回旋状 Gföhler Gneissで、その成分と構造に基づいてSpitzの様々な準片麻岩や硬性花崗閃緑岩片麻岩が続きます。基盤となる岩石層は、海底火山から出た溶岩である色の濃い角閃岩で、しばしば準片麻岩と交互に見られます。グレーと白の筋が入った大理石は、Wachau西部に見られます。

WösendorfとWeißenkirchenの間にある渓谷の奥底には、風化した混沌とした層状の岩石や古い地すべりの塊があります。移動面にはカオリンと赤いローム層が見られます。Spitzer BurgbergやWeißenkirchen付近のように砂利、砂、シルト、泥の小規模な残骸はMolasseゾーンに属しており、3億〜1,500万年前に河川や海進によって形成されています。

Wachau地域では、黄土もよく見られます。これは、古い岩石の上に薄く重なった層となっています。細かい洪水堆積物で覆われた川砂利が現在のドナウ渓谷を作っています。

 

Ein Bild zeigt einen Weingarten am Wagram
© AWMB / Anna Stöcher

Wagram

ドナウ川北部は黄土で占められており、Morasseゾーンの結晶岩や粘土海洋堆積物でできた基盤や氷河期の段丘砂利をほぼ完全に覆っています。黄色がかった小麦粉のような均一な石灰質のドロマイト岩屑は、ここでは厚さ数メートルになることがあります。北部では、より瓢湖の高い丘陵地でぶどうが栽培されており、ぶどう畑はHollabrunn-Mistelbach形成と呼ばれる砂や砂利の土壌に広がっています。これらは、かつて1,000万年前にドナウ川が流れていた場所です。多くのケースで、砂利はローム層を示しています。

ドナウ川の南にあるぶどう畑は、東に向かってKlosterneuburgの主要な場所につながる場所まで広がっています。これらのぶどう園はMolasseゾーンの多様な岩石の上にあります。ここでは、ぶどう園は様々なグレードの石灰岩の上に位置しています。特徴的でかつ砂やシルト、粘土岩とマールが繰り返し現れることが多く、flyschと呼ばれています。これは、かつての深海に流れ込んだ土石流で形成されています。

斜面に面する北東は、粒子が細かい石灰質のローム層で覆われています。

 

Ein Bild zeigt die Landschaft bei Retz in Weinviertel
© AWMB / Brunnbauer

Weinviertel

Waldviertel地域の端では、ぶどう畑はMoravian帯の酸性花崗岩の上に作られています。これは風化すると石英を豊富に含んだ砂になります。東には非固結岩でできた2つの盆地があります。それらは、Leis山脈とWaschbergゾーンの明るく固い石灰岩であるクリッぺで別れています。Waldviertel地域の中央は、南部分が石灰質の砂岩とマールで作られたflysch岩(Bisamberg)で、Korneuburger 盆地の東端では、酸性の石英を豊富に含んだ砂岩と頁岩が一般的に見られます。

Waschbergゾーン西には、砂や砂利、粘土質シルトを伴ったMolasse堆積物を目にすることができます。そして素晴らしい珪藻原とかつてのドナウ川の砂利でできた川嶺を見ることができます。

Waschbergゾーンの東地域は、ウィーン盆地の一部となり、砂利、砂、粘土質シルトなどの石灰石を主体とした主に非固結岩石でできています。固結質石灰岩または石灰質砂岩は両方の盆地では局所的に見られます。

ぶどう畑の半分以上が黄土の上にあります。氷河期の岩屑は古い岩石を全て多い、その厚さは多岐にわたり、酸基質にカルシウムを提供します。