The main geological Units

Moldanubian およびMoravian帯

Moldanubian およびMoravian帯は、古代山脈の深い部分であり、中央ヨーロッパからイベリア半島を越えて北アメリカのアパラチア山脈まで広がっています。これらの2つの地帯の南端は、Walviertel地域を形成しています。Variscan Orogenyと呼ばれる3億6,000万年〜3億年前の期間に、「古ヨーロッパ」の南端に発達した山脈です。かつての高山はほとんどが浸食され、海に浸水し、一部は新生代の間に再度隆起して低い山脈を形成しました。現在の波打った高地は、ドナウ川とその北からの支流によって深く切り刻まれています。岩石の種類は多様かつ色とりどりで、一般的な岩石の種類は、かつての堆積物や火成岩、火山活動に起因する角閃岩、グラニュライト、石英、大理石から生じた花崗岩、片麻痺(準片麻岩とorthogonalneiss)です。

A picture shows Gravels from the Upper Danube in Radlbrunn, Weinviertel
Gravels from the Upper Danube in Radlbrunn (Weinviertel), © M. Heinrich

Helvetic帯とWaschberg クリッペ

Helvetic 帯の岩は海洋鉱床であり、ウィーン地方は石英砂岩の薄い層を持つ赤色、緑色、灰色、部分的に泥灰土の石灰岩の中に生じました。ボヘミア山脈の岩石や、Weinviertel Waschberg 地帯の明るい色をした純粋な石灰岩クリップと同様に、それらは「古ヨーロッパ」の堆積環境に属しています。しかしながら、Moldanubian帯とMoravian帯とは異なり、これらは、新生代のアルプスに含まれています。

Penninic帯

Penninic Superunitの岩石は、過去の海洋、いわゆるPenninic Oceanの残骸です。ニーダーエスターライヒ州とウィーンにあるViennaのCalcareous アルプスの北端にあるフライシュック岩は、しばしば繰り返される一連の砂岩、泥岩から形成された泥岩から形成されています。Penninic Superunitに関連するブルゲンラント南部の岩石は、地窓に面しています。これらには、海底玄武岩、蛇紋岩、前マントル岩石、、石灰質の片岩、雲母、珪岩のような海洋堆積盆の堆積物が含まれます。

Austroalpine帯の岩石


オーストリアアルプスの岩石は本来アフリカ北端に位置し、後にアドリア海プレートの北縁を形成していました。これらは北アルプス(ニーダーエスターライヒ州とウィーン)と中央アルプス(ニーダーエスターライヒ州、ブルゲンラント、シュタイアーマルク州)を形成しています。この帯の最古の岩石を作った堆積物と火山岩は、5億4,000万年以上前のものです。これらには準片麻岩、雲母片岩、角閃石などが含まれます。後に花崗岩が侵入し、いわゆる正片麻岩に変わりました。古生代には、玄武岩の溶岩や凝灰岩、石灰岩の岩礁、砂、砂利、塩と石膏堆積物を伴う砂質粘土堆積物の堆積が続きました。これらの岩石の多くは、後に様々な変形と変質を受け、 大理石、珪石、両晶岩などに姿を変えました。一部は、溶融した岩石が地球内部から入り込み、花崗岩やペグマタイトを形成しました。この帯に見られるほとんどの堆積岩は中生代のもので、テチス海の端に位置する棚に沈積され、その後テチス海とPenninic Oceansの間に位置するようになります。一連の岩石は赤い頁岩と砂岩で始まり、石灰岩、巨大なサンゴ礁の石灰岩、泥岩のドロマイト、砂岩と粘土質の堆積物の化合物、そしてサンゴ礁とラグーンから生まれた炭酸塩岩と続きます。さらに深い海域には、珪質の石灰岩と放射性物質も形成されました。中生代の終わりにGosau群の岩石が堆積され、砂岩、泥灰土、大理石、泥灰土石灰岩となりました。

モラッセ地帯とInner Alpine盆地

ニーダーエスターライヒ州のアルパイン・フォアランドのモラッセゾーン地帯には、アルプスのナップ正面の盆地に蓄積された砂利、砂、 シルト質粘土の堆積物が含まれています。盆地として発展した大部分の堆積物は、新第三紀にいわゆるパラテーチス海によって作られました。これらは沿岸地域やデルタ地帯の新水域や浅瀬に蓄積されました。海が後退すると、湖と川が形成され、蓄積物は、南部の険しい石灰質の岩石から、ボヘミア山脈のケイ酸塩を主とした岩石にまで広がっています。

Silts and sands from Lake Pannon in Gols (Neusiedlersee), © M. Heinrich

東部オーストリア(Weinviertel地域、ウィーン、ブルゲンラント、Styria)のInner Alpin盆地の歴史は、やや遅れて始まります。それらは、プレートテクトニクスに関連して、東方向に発展して形成されました。しかしながら、同じように海洋の発展(Paratethys)類似の発展向きの延長によって形成された。しかし、淡水堆積物に対する海(Paratethys)が淡水に変化した証拠も見つかっています。塩分を含んだ水と淡水(Pannon湖)により、これらの盆地は最終的に沈降し、沖積堆積が大半を占めるようになりました。堆積物には、隣接する隆起した山々からもたらされた多様な炭酸塩含有量を有する砕石、砂利、砂、沈泥および粘土が含まれます。静かな浅瀬では、紅藻が石灰化した沈殿物の破片で構成されるLeitha石灰岩といった石灰岩が発展しました。河川が海に流入するエリアでは、現在砂利や礫岩がみられ、沈泥質の盆地では地域でシュリールと呼ばれる粘土や、クレーマールもまた見られます。最も最近の海洋堆積物は約1,200万年前のものです。Stria盆地の堆積物は約1,500万年前の激しい火山活動によって生まれたもので、その残骸はバート・グライヒェンベルクとヴァイテンドルフ付近で見つかっています。

最近の地質学的な時代である第四紀の地質学的な発展は約260万年前に始まり、現在も進行しています。オーストリアのすべてのワイン生産地域にとって、非常に重要となっています。この地質学的な時代の本質的な特徴は、 氷河と温暖期の間隔(間氷期)の存在です。最後の氷河期は約1万年前に終わりました。これらの気候変動は、渓谷や段丘、丘陵、山岳の風景を現在のように作り変え、最も最近の沈殿物のタイプを生み出しました。Styriaでは、約200万年前、2回目の火山活動段階を迎え、クレッヒ、カップフェンシュタイン、Riegersburg地域の岩石が形成されました。

 

オーストリアのワイン生産地域は氷河期には氷に覆われなかったが、氷河周辺地域と呼ばれるに位置していました。ここでは、激しい凍結、霜、植物の生息の減少が特徴的に見られました。氷河は山々から大量の岩をもたらしました。それらは有海水によって大量の山地からの岩石は、融解水によって前地に運ばれ、牽引力と運搬力がなくなった場所にとどまりました。それらは段丘を形成し、川が新たに形成されると分断されました。古い渓谷に新しい段丘が下方に生まれ、現在の氾濫原となりました。また、第四紀の氷河期には、段丘の砂利と同様に同じように黄土が発展しました。これは、氷河に面した植物がない乾燥したエリアから風で運ばれてきた岩の粉じんでできており、前地に再び蓄積しました。それは、とくに東および東南に面した傾斜部分で顕著でした。黄土は、小麦粉のような均一性と黄色い色彩が特徴です。そして常に石灰質ですが、マグネシウムが含まれない方解石からマグネシウムを含むドロマイトなど、含有物は多様化しています。典型的な特徴にはまた、乾燥した状態での多孔性と高いレベルの安定性です。例えば、狭い渓谷の壁は丈夫である一方、圧縮されていない床は、膨大な水にさらされると奥底まで浸食してしまいます。黄土すべてが従来の形でとどまるわけではありません。氷河期の間、土壌は深部まで凍結し、凍結と融解サイクルを繰り返すと、

ニーダーエスターライヒ州のアルパイン・フォアランドのモラッセゾーン地帯には、アルプスのナップ正面の盆地に蓄積された砂利、砂、 シルト質粘土の堆積物が含まれています。盆地として発展した大部分の堆積物は、新第三紀にいわゆるパラテーチス海によって作られました。これらは沿岸地域やデルタ地帯の新水域や浅瀬に蓄積されました。海が後退すると、湖と川が形成され、蓄積物は、南部の険しい石灰質の岩石から、ボヘミア山脈のケイ酸塩を主とした岩石にまで広がっています。ニーダーエスターライヒ州のアルパイン・フォアランドのモラッセゾーン地帯には、アルプスのナップ正面の盆地に蓄積された砂利、砂、 シルト質粘土の堆積物が含まれています。盆地として発展した大部分の堆積物は、新第三紀にいわゆるパラテーチス海によって作られました。これらは沿岸地域やデルタ地帯の新水域や浅瀬に蓄積されました。海が後退すると、湖と川が形成され、蓄積物は、南部の険しい石灰質の岩石から、ボヘミア山脈のケイ酸塩を主とした岩石にまで広がっています。