Landscape and rocks

オーストリアの美しい風景は、主な地質学的構成物によって大きく形作られています。それらは、北部のボヘミア山脈の一部となっているWaldviertel地域とMühlviertel 地域の高原地帯、東には大きな渓谷と盆地を持つAlpine Foreland、オーストリア国内を500kmに渡り横切るアルプス山脈です。

© AWMB /Armin Faber

東アルプス山脈は、リビエラからウィーンまで広がる大きな山脈の一部となっており、地質学的な観点からみると、アドリア海とユーラシアプレートが出会う地帯に形成されています。アルプスは、厚さ5,000mの堆積物で覆われたオーストリア東部の盆地の下にもぐり、Carpathian山脈と部の盆地の下で起こり、Carpathian山脈とDinaride山脈で再び出現します。大規模な構造は、プレートテクトニクスの結果です。プレートテクトニクスは、数億年前に岩石の形成、土地と水の分布の変化、大陸の移動と分裂、海の分離と閉鎖、山の隆起と崩壊、浸食をもたらしました。

しかしながら、岩石と地殻構造は、風景に小規模で直接的な影響も与えました。柔らかく風化しやすい岩石は穏やかな地形を生む傾向があり、険しい山形や急峻な崖は通常、硬く脆い岩石の種類に関連があります。渓谷は、断層に従う傾向があります。柔らかい岩盤渓谷がある地域では急速に浸食され、ほぼ垂直なスロープが河川に沿って形成されます。逆に、適切な気候条件の下で、かつ高低差が硬質岩盤がベースにある場合には、うねりがあり穏やかに転がる景観が形成されます。より最近の地質時代におけるアルプスの風景の発展に不可欠なことは、第四紀の大きな気候変動であり、少なくとも4回の氷河期の影響がありました。巨大な氷河と霜の粉砕力は、大量の岩の侵食原因となりました。氷が溶けた水による腐食と沈着が交互に起こったため砂礫段丘が形成され、荒々しい山々から岩屑が飛んできた結果、黄土が前陸域に堆積したのです。

岩石の組成、地殻構造、土地表面の隆起と沈下、気候の発展に加えて、植物yや人間の介入などの要因も風景の特徴に一役買っています。主要な岩塊は基本的にオーストリアを縦に横断するため、ぶどう栽培地域はオーストリア東部で弧を描いています。しかしここでは、その結果として、主要な地質的な要素のほぼすべてが見られるようになりました。それがオーストリアのワインの景色が非常に多様であり、興味深い理由なのです!岩石は非常に異なる凝集特性を持つため、最初の荒い部分が層を形成する岩石や形成しない岩石に作られます。オーストリア国内のぶどう畑の約70%は、層を成さない岩盤の上にあり、約30%が層を成す岩盤の土壌にあります。

A picture shows three soil profiles from Wachau
© AWMB / Johannes Brunnbauer

オーストリアの層を成す岩石の地質学的構成

  • ボヘミア山脈地域のMoldanubian およびMoravian帯は、原生代と古生物時代の結晶岩で構成されています。
  • Helvetic帯とWaschberg クリッペは、中生代と新生代初期の岩石堆積物(堆積岩)から形成されました。
  • Penninic 帯は、中生代および新生代初期に存在していた海に由来する岩石で構成されています。東アルプスの北端には、Penninic Flysch ゾーンがあります。同様の岩石の変形形態は、中央・東アルプス地域に見られ、そこではAustroalpine帯の下のいわゆるテクトニクスウィドウにさらされています。
  • 岩石(変成岩)と岩石堆積物(堆積岩)からなる Austroalpine帯は、北アルプス山脈とGosau群の古生代後期、中生代および新生代初期の新生代から形成されました。

オーストリアの層を成さない岩石の地質学的構成

  • アルパイン・フォアランド(Alpine Foreland)のモラッセ(Molasse)地帯は、新生代の早い時期と遅い時期の岩石鉱床(岩石鉱床や新造船)から700万年前までに形成されました。
  • ウィーン流域、スティリア流域、パノニアン流域などの内アルプス盆地は、約260万年前までに新生代の岩石堆積物で構成されました。
  • 最も最近の地質的時代(第四期)の堆積物は、モラッセ地帯と盆地に集約されていますが、固結岩の見られる地域にも重複しています。

 

層を成さない岩石領域内にある層を成す岩石

  • 砂岩、礫岩および玄武岩を作る、砂の結合物、砂利および砕石砂
  • Leitha石灰石
  • Styrian盆地で見られる火山岩。

期間

原生代:541百万年以上前
 
原生代541 - 253百万年

中生代:253 - 66百万年

新生代:66百万年 – 現在。新第三紀/第四期との境は、260万年前で、原生代と完新世の堺は1万年前。