オーストリアの品種

オーストリアには36のブドウ品種――22の白と14の赤品種――が、クヴァリテーツヴァイン、或いは特定の熟度と収穫タイプのクヴァリテーツヴァイン(プレディカーツヴァイン=甘口ワイン)、そしてラントヴァインの生産のために公的に認可されている。赤ワインの比率はこの20年間で倍になり、現在オーストリアのブドウ畑栽培面――総面積46,500ヘクタール――の1/3を占める。

オーストリアは、リースリングピノ・ブランシャルドネ、ムスカテラー、トラミーナーピノ・ノワールメルロ、カベルネ、そしてシラーなど国際的に知られた品種にとって卓越した立地の数々を有する。しかしさらに重要なのは、グリューナー・ヴェルトリーナーを筆頭とする地場品種の貴重なポートフォリオだ。この白品種単体でオーストリアの全ブドウ畑栽培面積の3分の1を占める。グリューナー・ヴェルトリーナーに加えて、他の白品種――ノイブルガーロートギプフラーツィアファンドラー、そしてローター・ヴェルトリーナーが、そして赤品種――ツヴァイゲルト、ブラウフレンキッシュ、St.ラウレント、そしてブラウアー・ヴィルトバッハーが、非常に高く評価され、実のところ今日再びその貴重性が再評価されている。

一般的に多くのブドウ品種がトラミーナーとホイニッシュをその親品種に有している。トラミーナーはヨーロッパでもっとも古い品種のひとつで、古代に育っていた野生ブドウの子孫である可能性が高い。ホイニッシュは、マジャール人によってハンガリーから中央ヨーロッパ――そこで速やかに拡がった――にもたらされた品種族の名前だ。少なくとも今日知られる品種の75が、ホイニッシュをその家系図に有している――例えばシャルドネやリースリングのように。

ブドウ栽培と交配の知識はオーストリアにおいて長い伝統を持つ。実際のところ、それはクロスターノイブルクのブドウ栽培と果樹園芸の連邦研究所――2010年10月に150周年を迎えた――によって長くサポートされてきた。それは世界最古のワイン生産学校だ。ブドウ交配の部署は、その国際的権威として知られるフェルディナント・レークナー博士によって運営されている。彼の、DAC分析を用いたブドウ品種同定に関する調査は、世界的に認知されている。

© AWMB / Oberleitner

白ワイン品種の概観

オーストリアでは22の白ワイン品種がクオリティワインの生産に認可されている。グリューナー・ヴェルトリーナー、ツィアファンドラーとロートギプフラーなど多くの地場品種を含んでおり、それらは事実上オーストリアでのみ見られる。クラシックな品種、そして国際的に成功を収め、よく知られる品種、例えばリースリング、ソーヴィニヨン・ブラン、白のピノ系品種のような品種もある。おおまかに言って約2/3のオーストリアのブドウ栽培面積に白品種が栽培されている。

This picture shows grapes of the grape variety Zweigelt
© AWMB / Oberleitner

赤ワイン品種概観

オーストリアでは14の赤ワイン用ブドウ品種がクオリティワインの生産に認可されており、オーストリアのブドウ栽培総面積のおよそ1/3に赤ワイン用ブドウが植えられている。飛び切りの成功を収めている赤ワイン用ブドウ品種おーはブラウアー・ツヴァイゲルトで、この国のブドウ畑では沢山植えられているオーストリアの交配種のひとつだ。他の地場品種にはブラウフレンキッシュとSt.ラウレントがあり、これらは国際的賞賛を浴びている。カベルネ・ソーヴィニヨンやメルロのような国際品種は、様々なオーストリアの自国赤ワイン品種とのブレンドワインとして人気が高い。

リンク

地場品種
新しい品種