サンクト・ラウレント (St. Laurent)

高品質なSt. Laurent種は、Pinot St. Laurentと呼ばれるようにピノ種に属しています。近年、品質重視の観点から、この品種は全てのワイン生産地域で復活しました。

A picture shows grapes of the grape variety  St. Laurent
© AWMB / Oberleitner

原産地:オーストリア、ニーダーエスタライヒ

クロスターノイブルク修道院で生み出された。

起源:ピノノワールによる自然交配
St.ラウレントは、8月10日のSt. Lawrence Day――その頃ウドウの実が色づき始める――から名付けられた。

栽培面積:732ha、1.6%
この地場固有品種は、特にテルメンレギオンと北ブルゲンラントで見ることができる。栽培面積は1999年から2009年の間に87.5%増加している。

ブドウ分類学上の重要点

:中位の、五つの切れ込み、波状

ブドウの房:中位、密な、円筒形、副果あり;楕円で青黒色の実。

成熟期:中から早期

重要性、生育要件:収量が低めで、この品種は畑での栽培が難しいと考えられ、必ずしも歓迎されない。
良い立地と深い土壌が必要。開花期にデリケートで、遅霜にもやられやすいため、収量は安定しない。

ワイン:St.ラウレントは暗く、力強く、果実の酸味溢れ、サワーチェリー風味の赤ワインとなる。品質は高く高い熟成能力を持つ。

リンク

地場品種