ムスカテラー (Muskateller)

これは、古代に遡る非常に古い品種で、地中海地域からもたらされました。数多くあるマスカット種のうち、活発でスパイシーな姿を感じられる品種です。

A picture shows grapes of the grape variety Gelber Muskateller
© AWMB / Oberleitner

同義語: ムスカテラー, ゲルバー・ヴァイーラウホ(墺), Muscat blanc à petits grains (仏), Sárga Muskotály (ハンガリー), Moscato bianco (伊), Rumeni Muscat (スロヴェニア)

栽培面積: 864 ha, 1.9% 

非常に古い品種でその起源は古代にまでさかのぼり、地中海地方から伝来した。この真に地球を股にかけて生育するブドウは、大きなマスカット一族を生命力と香り高さで代表する。オーストリアに植えられた面積の少なさを考慮すれば、なかなかの希少品種でありながら、熱烈なファンの間では極めて高い人気を持つ。

畑ではちょっとした問題児で、要求が多く、カビに冒されやすく、予想外に低収量になることがある。ブケは強く、フローラルと爽快なシトラスの風味があり、背後に芳香性のマスカットの香りと繊細なハーブとスパイスが控える。スタイルは通常ドライで、典型的な品種の風味と魅惑的で生き生きとした果実の酸味のバランスが良く、洗練されており、このライト・ボディで、若々しい品種は、長い年月を経た後も、ピュアな果実風味を保持し、驚くほど新鮮だ。守備範囲の広いムスカテラーは食前酒として、或いは前菜、おつまみとともに楽しめる。

葉: 五角形、5つの切れ込み、波状或いはV字型の形状、緑色の主葉脈、直線的鋸歯、葉柄はオープンで多少重なり、ベースはV字型。下側にはほとんど表皮毛はない。

房: 中から長い、密から非常に密、円錐形、1~3の種子翼、副果実は欠くか小型

実: 丸く、楕円、軽量、果皮は黄緑で果肉は透明

発芽: 平均

開花: 平均から遅い

成熟: 遅い