2000年ヴィンテージ

2000年の収穫は2千3百4十hlで、平年並みの2百4十万hlより3%低く,前年より17%少ない。

天候

[この減少は晴天、高温で非常に乾燥していた天候が原因だ。冬は湿り、しかし寒すぎはしなかった。暖かい乾燥した春が理想的な生長環境をもたらした。4月と5月は夏並の気温になり、早い開花を促した。涼しく湿った天候は生長に必要な雨を降らせた。8月が極度に扱ったため、ブドウの見は小さく、果汁の量は少なかった。収穫は、多くの産地で通常より最大3週間早く、1794年以来最も早い収穫となった。

白、赤、そして甘口ワイン

2000年の白ワインは1999年の果実味の可憐さやエクストラクトがないが、暑い年の性質も断じてない。春も夏も極端ではなかったため、ブドウの実は比較的良好な環境で成熟することができた。

赤ワインは濃く色づき、並外れて果実味溢れる;世紀のヴィンテージと口にする者もある。

貴腐はなかなか出現せず、貴腐甘口ワインは少量しか生産されなかった。