ヴァインフィアテルDAC
Weinviertel DAC

© AWMB

ワイン

ブドウ品種の少なからぬ多様性にもかかわらず、グリューナー・ヴェルトリーナーは他をよせつけずヴァインフィアテルのワイン消費量の先頭に留まり続けている。約6,700haというのはオーストリアのグリューナー・ヴェルトリーナーの総面積の半分を占めるだけでなく、世界の生産量のほぼ半分に当たる。多様な土壌タイプとワインを生む村々間の大きな隔たりがありながら、いずれにしても、ヴァインフィアテルのグリューナー・ヴェルトリーナーのタイプは、そのスパイシーな“ペパリー”な風味で認識することができる。緑そして白胡椒、さらに熟度の高い場合は、その果実味溢れるブケとフレッシュな酸に引き立てられ、黒コショウ風味と関連づけられる。この特性トリオはヴァインフィアテルDAC――オーストリア最初の統制呼称――の産地典型ワインの定義を2002年以来形作っている。2009年ヴィンテージ以来、、このクラシックな辛口でフレッシュなタイプの他に、より力強いヴァージョンであるヴァインフィアテルDACレゼアヴェも存在する。

産地

南はドナウ川から北はチェコ国境まで、西はマンハーツベアクから東はスロヴァキア国境までにわたり、オーストリア最大となる13,858haのワイン生産地区は広がっている。多くの要素――主に気候的影響と地質的要素――に基づき、ワイン生産地は3つのサブ・リージョンに分けられる。それでもなお全体に共通するヴェルトリーナーのタイプが存在する。

ヴァインフィアテル西部においては、ワイン造りはプルカウタール辺りに集中している。ヴェルトリーナーは、主に旧中心市街の地下の記念碑的セラーのある町レッツと、レーシュニッツで育てられている。ここには風味に影響を及ぼす原成岩地層があり、それはマンハーツベアクまで続いている。島状の赤の産地――マイベアク、ハウスドーフ、イェツェルスドーフとシュラッテンタールも、クラシカルなヴァインフィアテルDACを生産している。

スパイシーなヴァインフィアテルDACはヴァインフィアテル北部のポイスドーフ、ヘレンバウムガルテン、そしてシュラッテンベアク辺りで造られる。シュターツとファルケンシュタインの石灰岩の崖が生産の北限で、この土壌は果実味とミネラル溢れるヴァインフィアテルDACの生産のために、卓越したコンディションを提供している。

さらに南東、アウアータールとマナースドーフの間のマークフェルトの境界辺りででは、パノニア機構の影響が顕著で、そのためヴェルトリーナーはやや円やかになる。このヴァインフィアテルDACの古典的生産エリアは、さらにヴォルケアスドーフを包括し、ウィーン郊外のビーザンベアクの丘陵地帯へと広がる。

© AWMB

料理のヒント

ヴァインフィアテルDACは多くのオーストリア料理――ホイリゲのシュマンカールキュッヘ(コールドミートの盛り合わせ)からシンケンフレッカール(ハム入りパスタ)、ウィーナー・シュニッツェルまで――によく合う。同様に、古典的ビストロ料理や地中海料理との卓越した相性を見せる。一方でレセアヴェ・ワインは洗練された創作料理やスパイシーなアジア料理と完璧に寄り添う。

ヴァインフィアテルDAC
(クラシーク2002年、レゼアヴェ2009年ヴィンテージより)

ブドウ品種: グリューナー・ヴェルトリーナー

品質レベル:

  • クラシーク:公的検査番号審査委員会に対し、収穫の翌年の1月1日以降にワインを提出し、消費者に対しては収穫の翌年3月1日以降発売される。
  • レゼアヴェ=リザーヴ(2009年ヴィンテージより):公的検査番号審査委員会に対し、収穫の翌年の3月15日以降にワインを提出し、消費者に対しては収穫の翌年3月15日以降発売される。

容量アルコール:

  • クラシーク:最低12 Vol %
  • レゼアヴェ:最低13 Vol %

残糖

  • クラシーク:6g/l以下
  • レゼアヴェ:辛口

味わい特性:

  • クラシーク:香り高くスパイシー、コショウ風味、オーク風味なし
  • レゼアヴェ: 辛口、フルボディ、スパイシー、微かな貴腐香と樽熟成は許される。

リンク

ヴァインフィアテル